はじめに

不倫はけっして人には言えない“悪いこと”。ですが、いつどこに不倫の機会が転がっているか分かりません。
ニュースやドラマの中だけの話だと思っていたのに、気づいたら当事者になっていた…。駄目だと分かっているのに止めらない、気持ちが抑えられない…。そんな方のためにはじめて不倫をする上でおさえておくべきことをまとめました。今後不倫相手との関係を長続きさせる上で役に立つはずです。

不倫する上でおさえておくべきこと6つ

友人を含め誰にも話さない

当たり前のようで意外に難しいのがこちら。デートの時は楽しくても、不倫自体はとても苦しいものです。だからといって親しい友人などに話してしまうのはNG!話した相手が受け入れてくれるかは分かりませんし、うっかり口を滑らせて情報が漏れてしまっては大変。
特にはじめての不倫は気持ちが浮かれがちですが、ここはぐっと我慢してください。不倫は2人だけの秘密として割り切りましょう。楽しいことも辛いことも、自分の中だけで消化しなければいけないのです。

メールやLINEはやり取りが終わるごとに消す

貴方や相手の配偶者がスマホを見ない保証はどこにもありません。少々面倒かもしれませんがメールやLINEでのやり取りは最小限にとどめ、用件が済んだらすぐに消しましょう。受信だけでなく送信の履歴を消すこともお忘れなく。LINEの通話履歴はスマホそのものにも残ってしまうケースがあります。アプリ内だけでなく、スマホの通話履歴まで徹底した確認を。
また、家族がいる前ではできるだけスマホに触らないよう気を付けましょう。気になってしまうなら自室に置いておくかサイレントモードに。電源を切るのはかえって怪しいです。また、トイレに持って行く行為もNG。怪しまれる可能性が非常に高いです。

デートは地元を避け、現地集合・現地解散を

地元でデートをするのはリスクが高すぎますし、遠出したからといって知り合いにバレないとも限りません。人が多く集まる場所よりも、こぢんまりとした場所でのデートをおすすめします。人目を避けられる個室の居酒屋、カラオケなどもよいですね。
ラブホテルで会う時には細心の注意を払ってください。現地集合をしたとしても、貴方や相手が既婚者だと知っている人に見られてしまっては大変です。できればタクシーで移動するなど、可能な限り人目を避けて動くことをおすすめします。ロビーに待ち合わせ場所を設けているホテルを選ぶのもよいですし、ラブホテルではなくビジネスホテルのデイユースを利用するのも不倫には向いています。

下着類や洋服、メイクを変えない

不倫相手と会う時はお洒落したくなりますし、相手の好みに合わせた服装をしたくなるのは当然のこと。しかし、普段の貴方をよく知る家族からしてみればその変化は“怪しい”のです。
デートに行く際や新しい服・下着を買うときは十分に注意してください。客観的な自分を把握しておき、不自然な変化がないように常に心がけることが大切です。家族や友達と出かけるときと同じような服装でデートに行くのがベストといえます。張り切りすぎはNGです。

プレゼントを贈る時は相手の承諾を得てから

記念日などをきっかけにプレゼントを贈りたくなるのは別段おかしなことではありません。恋人同士が贈り合うような品物を選ぶ方はいないと思いますが、ちょっとした日用品などにも細心の注意を。相手の家にあればそれが“証拠”となりかねないのです。
プレゼントを贈りたいタイミングがあったら不倫相手にその旨を話し、具体的にどのようなものを贈りたいのか、実際にプレゼントしても良いのかをしっかりと確認する必要があります。また、贈られた側はその品物を誰から・どういった経緯で貰ったのかをしっかりと説明できなければなりません。

家族サービスを見直す

不倫を長続きさせるコツは家庭を円満に保つことにあります。もちろんあからさまなもの、不自然なものはかえって怪しまれてしまいます。日頃から家族と仲良く過ごし疑う余地を与えなければ、たとえ小さな不注意からボロが出てしまったとしても何とかなるケースがあるのです。
不倫相手とのデートも大切ですが、配偶者や子供との時間をしっかりと取ることで怪しまれずに済む可能性が高まります。不倫相手との関係を一日でも長く続けたいと思うのなら、今いちど家族との関係性を見直してみてください。

不倫をするなら気を抜かず、徹底的に!

不倫のし始めは楽しさのあまり冷静さを失いがちです。「そう簡単にはバレないだろう」という気持ちになるかもしれませんが、家族はしっかりと証拠集めをしてから不倫の事実を突きつけてくるもの。そうなってくると、最早逃げられない状況になっているのです
そうならないためにも、小さなことにこそ気を配って徹底的に不倫を貫いてください。何がきっかけでバレてしまうかは分からないのです。