パパが他のパパ活女子と会っていると知った時、そのパパ活女子に対して嫉妬の心を持ってしまうのは普通の事です。
そこで、パパが他のパパ活女子に会っていると知って嫉妬をしてしまった時の対処方法を4つ紹介していきます。

初めに…

“他のパパ活女子に会っている事をどうやって知ったのか?”が大事
普通のパパ活の場合、パパ活女子はパパの素性をあまり知ることはありませんのでパパが他のパパ活女子と会っていたとしてもそれを知ることは出来ないでしょう。
しかし、それにも関わらずパパ活女子が他のパパ活女子とパパとの関係を知る場合、主に2つの理由が考えられます。
それは、『パパが自分から言ってきた』『自分から探して発見した』の2択です。
パパ活女子が他のパパ活女子との関係を知るきっかけがどちらだったかによって対処法は異なってきますので、上手に振る舞ってパパの好感度を上げつつ嫉妬心を対処していきましょう。

パパが自分から話してきた場合

まず、パパが自分から他のパパ活女子との関係やデートの事を話したり、そういった事を匂わせてきた場合。
この場合、パパは自分に嫉妬をして欲しくて駆け引きをしている可能性が大きく、ある意味チャンスともいえる状況です。
以下の中から好きな方法を選び、嫉妬心を上手に利用していきましょう。

1 思い出の”上塗り”をする

例えばパパが自分から「この間他の女の子と○○に行ってきた」など他のパパ活女子との経験を語ってきた場合、すかさず
・「いいなー!私もそこに行きたい!」
・「そうなの!?それじゃ、次のデートはそこね?(笑)」
などと笑顔で返し、パパが他のパパ活女子と行った場所と全く同じ場所へデートをして欲しいとおねだりしましょう。
そうする事でパパの“○○に行った思い出”が上書きでき、記憶が新しい分自分と行ったデートの思い出を強く頭に残せます。

2 分かりやすくちょっとだけ拗ねて見せる

駆け引きをする男性は“自分への好意を示して欲しい”と思っている事がほとんどです。
そこで、パパのそんな望みを叶えてあげるべく分かりやすくちょっとだけ拗ねて見せましょう。
パパが他のパパ活女子の話を始めたら、向かいの席からパパの足を軽く挟む、パパの手や肩を何度か軽くつつく、片方の頬を少し膨らませるなどして可愛く話を中断させて下さい。
そこでパパが「何?」と聞いてきたら「他の女の子のお話だったからー」笑顔で答えて見せて下さい。
そうすると、口では色々と言うでしょうがパパは内心上機嫌になり、可愛い子としてあなたへの好感度が上がります。

自分でパパの他のパパ活女子との関係を発見した場合

次に、パパ活女子がパパと他のパパ活女子とのデートを目撃するなどして自分から関係を発見してしまった場合。
こちらの場合はパパに悪気はなく、パパ活女子同士で比較されている状況ですので簡単な対処でライバルのパパ活女子より上に立つことも可能です。
可愛く嫉妬心を明かしてパパに好意を伝えましょう。

1 たまたま見つけた事を伝え、リサーチ&リクエスト

まず、どのような方法でパパの浮気を発見した場合でも「この間○○をしに○○に行った時に…」などと言って“たまたま見つけた”という体でパパと他のパパ活女子とのことを発見した事を報告し、その子について「可愛かった?」とたずねましょう。
そうしてその女の子の感想などを聞きだしたら、
「可愛かったよ」「すごーい!どんな子だった?」「…私も○○したら嬉しい?」
「そうでもなかったよ」「そうなの?どこに行ったのー?」「…ちょっと嫉妬しちゃった、パパに連れて行ってもらったなんて羨ましいな…。」
などと言ってパパの好みをリサーチし、それを使ってリクエストをしてしまいましょう。
可愛く嫉妬心を伝える事の出来るパパ活女子は貴重ですので、それができるパパ活女子はかなりの高ランクに昇進します。

2 「あんまりモテないでね」と誉め言葉と可愛い嫉妬をプレゼント

基本的に“モテる”と言われて嫌な気分になるパパはいません。
そこで、パパの浮気を見つけても特にその事は報告せず、
・「パパってモテるよね…あんまりモテないで欲しいなぁ…」
・「パパって他の女の子とも会ったりする?取られそうでちょっと不安だなぁ…」

などと言って誉め言葉と可愛い嫉妬をプレゼントしてあげましょう。
こうする事でパパは『もしかして自分の事が好きなのかも!?』と思い、他のパパ活女子よりも気にしてくれるようになります。

まとめ

正直に言って、嫉妬する気持ちを抑えることは不可能です。
ですが、嫉妬を上手に利用する方法はあります。
この記事を参考に上手に嫉妬を伝える方法を学び、嫉妬するのに好かれるパパ活女子を目指してパパ活をしていきましょう。