ネットでのやり取りを終え、初めてパパに会う初デートの時ですが、その時パパ活女子が行うとパパの好感度が10倍以上に跳ね上がるテクニックが存在
【この記事は2018/01/30に追記いたしました。】

チェックポイントその1.『待ち合わせの時、声かけは自分からする』

初めてのパパとデートする時、普通のパパ活女子は自分の服装の特徴を伝え、男性側から待ち合わせ場所で待つ自分に声をかけられるのを待っています。
しかし、初デートの場合パパはパパ活女子にドタキャンをされるのではないか、待ち合わせ場所に向かっていないのではないかと不安になっており、特徴を伝えられて本人だとほぼ確信していても年下の女の子に声をかけるのはためらいがあるのが本音です。
そこで、待ち合わせの際は逆にパパ側の特徴を聞き、自分からパパを探して声をかけるように心がけましょう。
女性側から話しかけられるのは嬉しい事ですし、パパはそんな気遣いを敏感に感じ取ってくれるものです。

チェックポイントその2.『目立つ小物を必ず1つ持っておく』

待ち合わせの時、パパ活女子は必ずパパ側から「今どんな格好してる?」などと外見の特徴を聞かれます。
そんな時、「白のシャツにネイビーのフレアスカートです」など今着ている服の特徴を伝えるパパ活女子は多いですが…パパをする男性は普通女性ほどファッションには詳しくなく、「白のシャツってワイシャツ?」「ネイビーって何?」「フレアスカートって?」と?マークで一杯になってしまうのが普通です。
そうなってしまうと女性を探す労力でパパは少し疲れてしまい、テンションが下がってこの後のハードルが上がってしまう恐れがあります。
そこで、初めてのパパとのデートの時には少し変わったデザインか派手色のスマホケースかタンブラーを持つか、一目で分かるシュシュやピアスなどをつけておきましょう。
パパに声をかけた時それがあるとパパもすぐに相手が誰か分かって安心しますし、人の多い場所でも待ち合わせがしやすくなります。

チェックポイントその3.『挨拶は元気で明るく笑顔でする!』

良いパパ活女性に出会えないと愚痴るパパ側が最も口にする言葉は、「女の子が業務的過ぎる」という言葉です。
報酬の先払いやNG行為の確認は初めてのパパとのデートでは気をつけなければならない事ですが、それでも会ってすぐに「初めまして、まずはデート代の先払いをお願いします」「NG行為はこれとこれと…」など即確認事項を口にするのはパパの好感度を大幅ダウンさせるNG行為です。
パパと待ち合わせに成功したら、まずそういった確認をする前に笑顔で明るく「初めまして!(名前)です!来てくれて嬉しいです、迷いませんでしたか?」「今日は寒かったですね!」などまずは挨拶をしっかりとして、コミュニケーションを最低一往復させましょう。
デート代を先払いでもらうのは絶対しなければなりませんが、NG行為の確認はネット上であらかじめ済ませておき、当日はNG行為をされそうになったらその都度声をかける程度で大丈夫です。
自然に出来るのが一番ですが、演技力に自信のない女性は「少し大げさかな?」と思う位がベストです。
“キチンと挨拶が出来る女性”というのはパパとなる年上男性の中ではかなり好感度の高いポイントとなり、パパが高額で継続支援をするパパ活女子を選ぶ時、このポイントは大きなアドバンテージとなります。
例え演技っぽくなってしまっても『初めてでお互い緊張しないよう頑張っている』と好感触になりますので、元気な挨拶が演技だと感じられてしまっても大丈夫です。
もちろん挨拶だけでなく、デート中の会話の時もお金のためである事が分かる露骨な無表情や無関心、不愛想は厳禁です。
NG行為を受けない限り常に明るくポジティブに振る舞い、パパの求める“一緒にいると元気になれる普通の女の子”になれるよう心がけておきましょう。

他のパパ活女子との“差”が大事!

パパが高いお金を出してパパ活女子とデートするのは癒しの時間のためであり、パパは一緒にいて楽しい“普通の女の子”と会話やデートを楽しみたいと思っています。
今回紹介したポイントを押さえて他のパパ活女子との差を作り、パパからの高い好感度を獲得しましょう。