パパ活で一人の男性からいただいたプレゼントは数知れず。
私、一言も何かが欲しいって伝えたことがないんです。
それなのにプレゼント攻撃にはびっくりしました。
今回ここに書いてある物は私が一人のパパからいただいたプレゼントです。
嬉しかったもの、正直戸惑うもの。
だからパパ活って止められないんです。もはや病気の域?

パパの心は純朴な少年

esudroff / Pixabay 1番最初に出会った初日に、「コレ、僕がよく聴いている音楽が入っているから聴いてみて」とipodシャッフルをプレゼントされました。
「いやでも次いつ返せるかわからないし」と言うと「忘れ物だと思って自分の物にしてくれればそれはそれでいいから」と言われ最初はプレゼントというより忘れ物を預かるという名目でした。
その男性は海外出張が多く、帰国のタイミングで「お土産渡したいから」と言って会うことが多かったのですが、現地の人に聞いたおいしいお菓子や、その国で流行ってる雑貨。
時にはヴィトンの限定品など、1度の出張の旅に何個もお土産を用意してくれていました。
「こんなにたくさんいただけません」と言うと、「ごめんごめん、今度からは減らすからさ」と言って毎回珍しいお土産を買ってきてくれました。
海外出張以外で会う時にはいつも私がお花が好きなことを知ってくれていて、花束やブーケなどを必ずプレゼントしてくれました。
これはめちゃくちゃうれしかったですね。たとえ会う時間が5分しかなくてもいつも花をプレゼントしてくれるのでいつしか本気で好きになりそうになりました。
そんなプレゼント攻撃が続いていたある日、「誕生日だったよね」と言ってOMEGAの時計をプレゼントしてくれました。
真っ赤なリボンを解くとキラキラ光り輝くダイヤモンドの時計が入っていました。一目で高価なものだとわかったので「これはさすがに受け取れない」と言うと「そうやって本気で困っている顔が好きなんだよね。他の女の子なんて簡単にありがとうってすぐもらっちゃうよ」と言われ私を困らせました。
このころからどんどんプレゼントが高価なものになり、私が仕事で疲れたと言えば「じゃ旅でも行ってリフレッシュする?」と言って温泉を手配してくれていたり、飛行機を手配してくれたりしました。
ある日、「ちょっともらってくれないかな?」と言ってBMWをプレゼントされた時にはびっくりして「それは無理だよ」と言うと「メンテナンスもガソリンも全部俺が払うから」と言われ、さすがにちょっと怖くなり「ねぇ、なんで私にそんなにプレゼントばかりしてくれるの?」と聞くと、「○○ちゃんはプレゼントしたものすべてを大切にしてくれているから」と言われて、「男って単純だからそういう純粋な気持ちの子は損得なしに好きになっちゃうんだよねと言われました。
このプレゼント攻撃の彼には妻子がいます。聞くと関係も良好だけど若い時にできちゃった結婚したから、奥さんとの趣味嗜好が全く合わないらしいです。
ホントかどうかはわかりませんが今も会う時は必ずプレゼントがあります。
こんな男性に出会ってしまうと普通の男性とは付き合えなくなってしまいますね。
私以外の女性にも同じようにプレゼント攻撃している可能性も否めませんがここまでしてくれるともはや愛人でも満足の領域です。

プレゼント攻撃の彼から伺える男性の本質

私がこの彼に言われ続けていることがあります。
それは「○○ちゃんは聞き上手だから話下手の俺をうまく引き出してくれるよね、帰るころにはちょっと自信が出てくるんだよね」この言葉で気づいたのですが、大人の男女の関係や割り切った関係でもそこに男性は安心感を求めていたり居場所を求めているということです。
うわべだけのやり取りならきっともっとこの彼とは縁が切れていたと思います。
パパ活で忘れちゃいけないのは彼の話にちゃんと耳を傾けてあげることが大事かもしれません。
みなさんも、よければ参考にしてみてくださいね。