(2017年11月25日更新)
体の関係なしで支援をしてもらうことが大前提のパパ活ですが、パパとのデート中、パパからホテルや自宅に誘われてセックスを求められる事は決して珍しいことではありません。
そこで、パパ活歴5年で月50万円稼ぐ女性が実際に使っている『パパからセックスを求められた時の上手な断り方』を3つ紹介していきます。

大前提・自己紹介文でNG行為に“性行為”を入れておく

まず、パパ活でHを上手に断る方法を紹介する上で大前提となる事なのですが、SNSや出会い系アプリで自己紹介文を書く際、NG行為としてセックスやフェラ、性的行為などといった性行為を禁止する文章を絶対に明記しておきましょう。
これが書いていないと体の関係を断るのはかなり難しくなり、パパではなくセックス目的の男性に当たりやすくなってしまいます。

絶対言っちゃいけないパパ活NGワードがある!

パパ活で高額の支援を受け取っている女性は皆パパの好みによって自分のキャラを変えているものですが、どんなキャラの女性でも、セックスを断る際絶対にパパに言ってはいけないNGワードがあります。
それは、『嫌です』という言葉です。
この言葉を言ってしまうとどんなに都合のいい太パパ候補のパパでもテンションが下がってしまい、デートは今回限りになってしまう可能性がほぼ100%となってしまいます。
パパ活ビギナーがやってしまいがちなミスですが、この言葉だけは絶対に口にしないよう気をつけましょう。

上手な断り方その1・「セックスを求めるならもう会えない」と別れを匂わせる

身体の関係はNGであるはずのパパがパパ活女性にHを求めてくる場合、そのパパは単純にセックスが目的だったか、もしくは好意が悪い方向に高まりすぎてしまっているかのどちらかが原因である事がほとんどです。
また、経済的な余裕のある男性はほとんど妻や恋人がおり、自分とは息抜きやストレス解消で付き合っている場合がほとんどでしょう。
そこで、そのどちらにも対応できる断り方として、パパ活に慣れた女性は

  • 「パパの家族(恋人)を大事にしているところが好きだから…セックスをするならもう会えない」
  • 「不倫(売春)する自分はパパにふさわしくないから…Hしちゃったら会えなくなる」
  • 「体の関係を持ったらパパに迷惑をかけちゃうから…きっと暴走しちゃうから会えなくなる」

などとセックス=別れを匂わせ、自分との関係を人質にセックスを断っている事が多いです。
この断り方なら“好きだけど出来ない” という雰囲気を出すことが出来るので、この後の対応でパパが暴走していただけのか、Hが目的なだけの男性だったのかを見分けることが出来るでしょう。

上手な断り方その2・「体の関係がないと好きになってくれないの?」とたずねる

パパ活女性を支援する男性は女性からの愛情や甘えられる事に飢えており、お金を払って会っている事もあって“目の前の女性は本当に自分が好きなのだろうか?”と心のどこかで疑いを持っている事がほとんどです。
そこで、パパ活女性からの愛情を確認する意味もあってホテルに誘う事もあります。
そういった場合、パパ活上級者の女性は『もう少しで落ちそう』ではなく『もう落ちている』と錯覚させるため、

  • 「体の関係がないと好きになってくれないの?」
  • 「もう私のこと好きじゃなくなった?」
  • 「セックスしないともう会ってくれないの?」

と悲しそうに聞き返し、パパとの思い出エピソードやこういったところが好きという尊敬ポイントを具体的に述べて自分がパパを間違いなく好きである事を再認識させます。
こうする事で『セックスを求める=都合のいい女に降格させようとしている』とパパに罪悪感を持たせ、次のデート以降もHを求められないように上手に誘導するのです。

上手な断り方その3・セックスの出来ない女性の病気だと嘘をつく

とりあえずセックスを断る方法として有名な「今日生理だから」「今日は危険日で…」という断り方ですが、パパ活の場合、これらの言葉は一時しのぎにしかならず、2回目はないパパ受けの悪い断り方です。
そこで、まだ付き合いが浅いうちにパパからHに誘われた場合、少しうつむきながら

  • 「気持ち悪いと思われるかと思って言えなかった」
  • 「パパに嫌われるかもと思って言えなかったんだけど…」

などと前置きし、セックスをすることが出来ない婦人科の病気であると嘘をつきましょう。
具体的な病名を聞かれた場合、セックスをすると激痛が走り、原因を探ることが難しく長期治療が必要となる『腟前庭炎(ちつぜんていえん)』だと答えるのが最適です。
この断り方をするとパパによっては「じゃあ治ったらHしよう」と言われる事もありますが、そんな日は永遠に来ないので軽く答えても大丈夫というメリットもあります(笑)

断った後のフォローも重要

パパ活上級生がやっているパパからのHな誘いを断る方法を紹介しました。
パパから体の関係を求められた際、断り方も重要ですが、別れた後のフォローもかなり重要となってきます。
パパからのお誘いを断った日はデート後メールなどで今日のデートも楽しかったことを告げ、「今日は変なこと言っちゃってごめんね」などとパパのフォローをした後、出来るだけ早く次のデートの予定を取り付けましょう。
セックスを上手に断れることが太パパと長く続く秘訣です。

おわりに

いかがでしたか?
パパは大切な存在ですが、どうしても嫌な事は、パパを傷つけずに断ることも、上手なパパ活のテクニックだとおもいます。
是非、記事を参考にしてくださいね。
本サイト「デートウォーカー」は毎日、パパ活・不倫など大人の恋愛に悩む女性の皆様のために、たくさんの記事を更新しております。また悩み相談や寄稿も受け付けております。是非ブックマークして、毎日楽しみにしてください♪