知っておくとパパ活女子の好感度がグンと上がる、『パパ活女子がパパに知っておいてほしいこと3つ』を女性目線でじっくり紹介していきます。
初めに
まず、私たちパパ活女子はプロの女性に比べ色々な意味で“慣れていない”女性が多く、プロの女性達のように華美な雰囲気や洗練しきった気遣い、セクハラを上手にかわす術などは持っていない事が多いです。
元プロの方やデートクラブで活躍できているような上流階級のパパ活女子ならそういったものを前提としてもいいかもしれませんが、あくまでもパパ活女子は”昼”の人間。
パパ活女子は普段パパの身の回りにいる女性達と同じように生活をする普通の女の子である事がほとんどですので、“パパに知っておいて欲しい事”はどうしても多くなってしまいます。

パパ活女子がパパに知っておいてほしいこと3つ

4956365 / Pixabay

その1 パパ活女子はパパのためにお金を使っている

デートクラブや出会い系サイトは男性側からのみお金をとり、女性側から利用料を徴収する事はありません。
しかし、私達パパ活女子は隣で歩くパパに恥をかかせることがないようメイクやスキンケアなどに気を遣い、お金をかけてパパ活をしている事がほとんどです。
メイク関係の仕事をしているパパなら知っているかもしれませんが、メイク道具の1つでしかないファンデーションの値段は安いものでも2000円以上、高い物だと1万円以上するのです。
さらに、ファンデーションの前に使わなくてはならない化粧下地も安いもので2000円ほど、ファンデーションの上に使うフェイスパウダーも2000円以上かかります。
この3つだけでも最低ラインのもので1万円ほどかかるのですが、もちろんこの3つだけではメイクを完成させることは出来ません。
アイライナーやマスカラ、アイシャドウにチーク・口紅などなどを合計すると、メイク用品の総額は平均2~5万円になるでしょう。
薄化粧に見えてもそれくらいはしています。(メイクは全部100均!という子もいるにはいるのでしょうが…)
これに加え、毎日行うスキンケア用品やパパとのデートのためのファッション代・会いに行くまでの交通費などを合計すると一体いくらかかっているのか…ここをしっかりと知っておいてほしいです。
パパ活は女性側も0円では出来ません!パパのためのお金がかかっているのです!

その2 パパは大人の男性で、少し怖いと思っている

信用して会っているとはいえ、パパはパパ活女子よりも力の強い男性で、知恵も知識もある社会的地位の高い男性です。
ですので、いくら信用していても心のどこかでは『無理矢理変な所に連れ込まれたらどうしよう…』『もし今何かされたら…』という恐怖を少なからず持っています。
そんな時にセクハラチックな質問やボディタッチをされてしまうとその警戒を肯定される事になり、怖くなってパパと会わなくなってしまったり警察などに相談してしまう事が多いです。(相当怒らせると掲示板などで”晒し上げ行為”に及ぶ事も…)
自意識過剰に感じるかもしれませんが、男性は女性よりも力が強く、パパがパパ活女子に”そういう行為”をしようと思えば力量的には可能であるからこその恐怖ですので心に留めておいて欲しいのです。
普段は普通に暮らしている”普通の女の子”である分、パパ活女子は悪意に弱い存在です。

その3 2度目のデートがあると嬉しい

1度目のデートでホテルに誘ったりお金を払わなかったりしていないのであれば、パパ活女子は出会ったパパと何度でもデートをしたいと考えています。
これはデートでもらえるお手当も理由の1つではありますが、パパ活女子にとって純粋な意味でパパに好かれることは誇らしい事であり、2度目以降のデートに誘ってもらえることはとても嬉しい事だからです。
1か月後でも次にパパ活をしたいと思った時でも構いませんので、気に入ってもらえたなら”次もデートをしたい事”を伝えてくれると嬉しいです。

まとめ

パパ活女子から『パパに知っておいてほしい事3つ』を紹介していきました。
意中のパパ活女子を口説く時、これらを知っているのといないのでは大きな差が生まれますので是非とも活用していきましょう!