不倫ってどうしてもネガティブなイメージになりがちですが、実は不倫をしていてよかったなって思う瞬間が結構あるんです。この記事では、不倫をしていてよかったと思う瞬間を私の経験などを交えて紹介します。

不倫をしていてよかったと思う瞬間

本心を言うと不倫をしてよかったと感じる場面は、そう多くありません。
偲ぶ恋ということに変化はないです。
しかし、偲ぶ恋だからこそ、些細なことでも楽しいと感じるんです。
その場面をいくつか紹介します。

一緒にいることに幸せを感じる

家庭のある男性ですから、当然家族が待っている家に帰ってしまいます。
帰る時は凄く寂しいものでしょう。
しかし、その寂しさを感じた分一緒にいる時間が尊いものだと感じるはずです。
これは普通の恋愛では感じることができない感覚でしょう。
まあ、最初のうちは一緒にいるだけで幸せと感じるかもしれませんが、すぐに一緒にいることが当たり前になってしまい、楽しいけど幸せとは感じなくなります。
不倫の場合、何年経っても一緒にいるだけで幸せと思えるんです。
ある意味ピュアな恋愛ですよね。
あなたがいればもう何もいらないと本気で思えるのが不倫の凄いところなんです。

束縛があまりない

不倫関係ということで、男性は後ろめたさを感じています。
その分余計な干渉はしてきませんし、変に束縛することも少ないでしょう。
それが寂しいと感じるか、気楽だなと感じるかはあなたの気持ち次第です。
私の場合は、それが楽しいなと感じていました。
以前束縛の激しい男性とお付き合いして凄く嫌な経験があったからかもしれませんが、束縛のない恋愛が凄く楽しいなって感じたんですよね。
相手のことをあまり考えずに行動ができるのって、ストレスがなくて凄く楽しいですよ。
勝手に友達と旅行とか行けるときは不倫関係でよかったなと思っていました。

自分を曝け出すことができる

未来がない恋愛なので、自分の感情を曝け出すことができるんです。
全てに関して自分に正直な恋愛ができるのが不倫の良いところだと思います。
特に顕著に感じたのは、性行為の時ですね。
普通の恋愛関係だと、自分の好きなプレイができないことって多くありませんか?
私の場合、今までの恋愛で一度も自分の性癖を暴露したことがなかったんです。
でも、不倫の時は違いました。自分の性癖を全て曝け出してプレイをすることができたんです。
男女の関係でこれほど楽しいものはありませんよ。
男性も所詮私なんて遊び相手だと思っているので、相手も全ての性癖を武器に対峙してくれるんです。
それが凄く楽しいなって思う瞬間です。

男性の良い部分しか見えてこない

一緒にいる時間は少ない分、恋の盲目状態が長く続くんです。
普通の恋愛ですと、大体半年も経てば盲目状態から開放されますよね。
不倫は違います。3年以上不倫関係が続いた男性がいましたが、最後の別れる時まで大好きでした。
寂しい思い出はありますが、嫌な思い出は一つもありませんでした。
別れる時は凄く辛かったんですが、思い返してみると、凄く良い恋愛だったなって思えています。

人間的に成長する

不倫は色々なことを経験させてくれます。特に人間形成に大きく関わる部分の経験を多くさせてくれるんです。
子供のような考えはなくなりますし、社会の理不尽さなど、人間社会の嫌な部分を経験するような形になります。
不倫を経験すれば、ちょっとやそっとの嫌な出来事も軽く乗り越えることができる人間になりますよ。

おわりに…

いかがでしたでしょうか。
不倫を推奨するわけではありませんが、不倫に良いところは沢山あります。
人生経験の一環として一度は経験した方がいいかもしれません。