「太パパをゲットしたいのに細パパしか見つからない」「そもそも太パパってどうやったら見つけられるの!?」そんな風に悩んでいる女性も多いのではないでしょうか。
細パパはすぐできるけど、太パパがなかなかゲットできない、という方は、そもそも目の付け所が間違っているのかもしれませんよ!
太パパを見つけられないとお悩みの方に、太パパをゲットするためのポイントをご紹介いたします。

太パパのターゲット選びが間違っているかも!?

・自由になるお金がきちんとある相手を選ぶべし

食事代やデート代は出してくれるような細パパは複数いても、やはりほしいのは太パパですよね。
しかし、そもそも太パパになってくれるような男性は、それなりに自由になるお金を持っている相手でなければなりません。
ないところから無理に搾り取っても、そんなことは長くは続かないのであっという間に太パパではなくなってしまいます。
高収入で経済的な余裕があったとしても、家族があるため実際にはあまり自由になるお金がない、という相手も、太パパになってもらえる期待はあまり出来ないかもしれません。
妻子持ちであっても、子供がすでに自立しているのであれば、その分お金も余っているはず。
相手の状況を見て判断することも太パパ探しには大切なことです。

・40代後半以上がねらい目?

金銭に余裕が出てくる男性が多いのは、やはり40代後半くらいから。
もっと若い方が話も合いやすく扱いやすいと思うかもしれませんが、それよりも若い年齢で太パパになることが出来るような男性は、ほんの一握りのかなり成功している人物。
そうなると当然競争率も上がるので、それだけこちらも良い条件じゃないと、そのような相手から見染められるのは難しいでしょう。
本当に太パパが欲しいのであれば、おじさんを狙うのが、単純に一番成功率が高くなります。

・嘘や見栄を見抜くことが出来るか

パパ活しながらも、女性に良い恰好をしたくて嘘をつく男性もいます。
公言している職業や役職に嘘偽りがないかきちんと見抜く事も大切です。そのような相手は、細パパ止まりでいつまで経っても太パパになってくれることはありません。
特に危険なのが「自称社長」。今やお金がなくても簡単に誰でも会社を持ててしまう時代。
どのくらいの規模の、どのくらいの資本金のある会社なのか、企業のHPなどをチェックして下調べしておきましょう。

・細パパから育てるつもりで

いきなり太パパが欲しい気持ちは分かりますが、それもなかなか難しく、よほどの見極めやテクニックが必要かもしれません。
今は細パパでしかない相手であっても、徐々に関係を深めこちらのペースに持っていければ、太パパに育て上げることも可能です。
最初から細パパだと決めつけてしまわず、太パパになる可能性のある相手だと思って相手をしていくことが重要。
もちろんそれなりの収入のある相手でないと、いくら育てても意味がないので、そのあたりの判断も大切だと思います。

太パパをゲットするために

「金銭的に自由になる相手であるかどうか見極めて狙いをつける」、ということが太パパをゲットするために重要なのと同様に、「細パパから育てる」という根気も重要です。
そこを面倒くさがって、細パパを転々としているだけでは、いつまでたっても太パパをゲットすることはできません。
スタイルが良かったり容姿がすぐれているから太パパを手に入れやすい、という訳でもなく、見極める勘と相手を冷静に分析し、いかに相手を自分のペースに持っていくことが出来るか、という頭の回転の良さも、太パパゲットには必要な事なのです。
もしかしたら、今の細パパの中に、未来の太パパ候補がいるかもしれませんよ!
今一度周りを見渡してみることも大事だと思います。
細パパだからといって適当な対応をしていると、大きな魚を逃してしまうことになるかもしれないので注意しましょう!