パパから安定してお小遣いを貰っている“稼げるパパ活女子”が実践しているバレンタインのパパ活テクニック3つを紹介していきます。

初めに…

バレンタインは女性から男性にプレゼントを贈る日で、一般的には恋愛の一大イベントとされています。
しかし、稼げるパパ活女子はこのバレンタインというイベントを利用して月極パパの好感度を高めたり、気持ちが遠ざかった太パパ候補を呼び戻したり、都度パパや単発パパを継続パパに育てたりをしています。
稼げるバレンタインに行うパパ活テクニックは一言で言うと”損して得取れ”というものが主であり、とあるパパ活女子に言わせるとバレンタインは『海老で鯛を釣るための準備期間』とのことでした。

稼げるパパ活女子がバレンタインにやるパパ活テクニック3つ

その1 バレンタイン当日の”損して得取れ”

バレンタイン当日のパパはパートナーや家族・または営業やお誘いのプロである夜の女性相手で忙しく、2月14日ちょうどにデートの予定を立てようとしてもなかなかうまくいかない可能性が高いです。
そこで、稼げるパパ活女子はバレンタイン当日が近づくとパパに
『どうしても渡したいものがあるんですー!5分だけでいいから会ってくれませんか?』
とお手当を要求せずにほんの少しだけパパと会い、そこでバレンタインのプレゼントを贈って後日ゆっくりとデートをする事が多いです。
誘うパパ活女子側はパパの予定に合わせて少し無理な場所であっても待ち合わせの場所に向かわなければなりませんし、無料の時間の為にメイクやオシャレなどかなりの時間をかけなくてはなりません。
準備時間も含めるとこちらはとても5分では済まず、プレゼントにかかる時間やお金も考えるとかなりのマイナスになりますが、この時パパのために多少の無理を通しておけば”謙虚な子・気を利く子”としてパパの評価がグンと上がり、次のデートの予定を入れやすくなったりホワイトデーで豪華なお返しが貰えたりと損した以上のリターンが返ってくるのです。

その2 バレンタインの予定で”損して得取れ”

パパ活に慣れたパパ活女子にとって、バレンタイン時期は過去の太パパ候補を呼び戻したり、単発パパを都度パパ・月極パパにランクアップさせるお誘いが出来る時期とも言われています。
デートをしたが次の予定の目途を立ててくれない、または最近疎遠になってしまった太パパ候補などに『お久しぶりです』とメッセージを送信し、バレンタインフェアを見たらパパの顔が浮かんだこと、2月に予定を入れて欲しいことを伝えましょう。
これだけでパパはバレンタインのプレゼントを渡したくて自分を呼んでいるのだと期待します。
「もしかしてバレンタイン?」と先に聞いてくるパパもいるでしょうが、この場合は「まだ内緒です」と返してワクワク感を高めたままにしておきましょう。
このメッセージは沢山送っても返ってこない事が多いですし、送るだけでもメッセージの内容はよく考えなければならないのでとにかく大変でかなり労力がかかります。
しかし、これでパパが帰ってくればあげたもの以上のリターンが返ってくるのは確実ですし、元は取れますので過去に会った事のある合格点のパパみんなにメッセージを送っておくといいでしょう。

その3 メッセージカードはNG!直接言葉で伝える

バレンタインにメッセージカードを入れ、日頃の感謝や好意を伝える女性は多いです。
これは恋人や妻の他にプロの女性でもやっている事が多いのですが、パパ活女子はそれと同じことを決してしてはいけません。
なぜなら、パパ活女子がパパからの評価が上がりやすい言葉を書いたメッセージカードを入れているとパパの家族やパートナーからあらぬ疑いをかけられてしまう事がありますし、そうでなくてもパパからパパ活以上の強すぎる恋愛感情を抱かれるリスクがあるからです。
『いつもありがとう!お仕事の疲れをこれで癒して下さいね!』『感謝の気持ちをたくさん込めました!』などパパ活女子がメッセージカードに書くと良い言葉はたくさんありますが、あえてこれらの言葉を形に残すことはせず、プレゼントを渡す際にパパの目を笑顔で見つめて直接言葉で伝えましょう。

まとめ

パパ活女子にとってバレンタインはパパへの感謝を伝えるのと同時に来月のホワイトデーを見越して行動を起こす時期であり、この日の出来によって来月のお手当金額が決まると言っても過言ではありません。
この記事を参考にバレンタインのテクニックを覚え、よりパパに喜んでもらえるバレンタインを迎えましょう!