パパ(年上男性)がパパ活女子(年下女性)に送ってしまいがちなNGメッセージ・メールの特徴を3つ紹介していきます。

初めに

パパが定期的に会いたいと思うほどキチンとしたパパ活をしている女の子は、基本的にパパからのメッセージに必ず返事を返します。
しかし、疑問形で終わったメッセージに1週間以上たっても返事が返ってこなかった場合、そのメッセージは既読無視されている可能性が高いです。
折り返しもう一度メールを送ってようやく返信があったというケースも含め、若い女の子が年上男性のメッセージを既読無視する理由はズバリ『ウザい・キモい』と思ったから。
極々まれにスマホのトラブルや体調不良が原因であったりするケースもありますが、多くの場合それらはパパ活女子の方便であり、男性側が女の子に送ってはいけないNGメッセージ・メールを送ってしまった事が既読無視の理由であることがほとんどです。
主導権があるのはあくまで支援している側のパパですが、可愛いパパ活女子ほどNGメールを送ってくるパパと簡単に別れることが出来る環境にありますのでコミュニケーションのつもりで女の子に嫌われるメッセージを送ってしまわないように気をつけてあげましょう。

パパ活女子(年下女性)に既読無視されるメッセージ・メールの特徴3つ

その1 性的な単語が入っている

まず、パパ活女子に最も既読無視されるのが年上の男性からの“セクハラメール”です。
男性側からすれば『女性が嫌だと感じたらセクハラ』という基準は非常に分かりにくいと感じられることでしょうが、パパ活においてはお金やルックス・好感度など関係なしにその線引きは非常にはっきりしています。
その線引きとは、ズバリ『性的な単語が入っているか否か』
若い女の子は男性から胸やお尻、足や太もも、女性器・男性器・生理など性的な単語が入ったメールを送られると、その時点でセクハラと感じてしまいます。
なぜなら、普通の女の子はそういった単語をダイレクトに口にする経験がほとんどないから。
そして、男性からそういった単語を出される事に慣れていないからでもあります。
この基準は軽いジョークやコミュニケーションのつもりでも同様。
たとえどんな話題であっても性的な単語が入っている時点でアウトとなります。
身体の関係を持つまでそういった単語は封印し、セクハラをしてこない男性として信頼を稼いでいきましょう。

その2 「今何してるの?」

女の子とふと話をしたいと思った時、このワードをパパ活女子に送ってしまうパパは多いでしょう。
しかし、この質問こそ最も既読無視されやすいワードであり、ウザパパ・キモパパにカテゴリされるパパほど送っている文章だと言われています。
「今何してた?」という言葉は『今君に用事はないけど話したいから話題を提供して!』というかなり受け身の言葉です。
1度2度なら許容範囲かもしれませんが、この言葉を何度も送ってしまうと年上男性に期待される余裕が感じられないだけでなく、“監視されている感”を強く出してしまいます。
このメッセージは送れば送るだけ女の子に嫌われてしまう呪いの言葉ですので、このワードを送りたい気分になったら「今ちょっと嬉しい(面白い・悲しい)事があったから聞いてー!」など話題や用事を作ってメッセージを送るようにしていきましょう。

その3 名前を呼び捨てにしている

“上から目線”のメッセージは基本的に嫌われてしまうものですが、そういったメールを送りがちな男性の特徴として、女の子の名前を呼び捨てにしている事が挙げられます。
若い女の子は通常、家族や友人から『○○ちゃん』『○○さん』などのちゃん・さん付けやあだ名で呼ばれています。
ですので、呼び捨てにされてしまうとどんなに優しい言葉をかけられても見下されているような気持ちになり、理不尽に叱られているような圧迫感を感じてウザい・キモいと既読無視してしまうのです。
上から目線にならないメールの送り方をしたい時は、まず名前を呼び捨てにしないところから始めましょう。

まとめ

年上男性と若い女性の間にはそれなりに深い認識の差があり、軽いコミュニケーションのつもりで送った内容が既読無視に繋がる事は決して珍しくありません。
LINEや出会い系サイトなどでフラれてばかりという男性は、当サイト『デートウォーカー』の記事も参考にまずメッセージの内容を見直すところから始めてみてはいかがでしょうか?