出会い系サイトやパパ活などをしていると、ホテルに行った後などに彼氏や旦那を名乗る男性が出てきて高額の慰謝料を請求してくる“美人局”の被害に遭う事があります。
そこで、そういった被害に遭わないために『美人局の女性の見分け方3つ』を順に紹介していきます。

当てはまったら危険信号!美人局の女性の見分け方・特徴3つ

その1 未成年である事を匂わせて来る

美人局をする男女にとって最も美味しいカモは未成年のJKやJCと性行為をしようとする年下趣味すぎる男性です。
なぜなら、未成年女子との性行為はどんな理由があっても違法であり、男性のみが加害者として警察沙汰になってしまうため、美人局に遭って警察に被害を訴えれば同時に犯罪者になってしまうから。
美人局側の人間からすると、被害を訴えられない弱みを持つ男性ほどお金になるものはありません。
ですから美人局を行う暴力団関係者や半グレの人間は未成年の女の子を利用し、若さを武器に被害者候補の男性へ身体の関係をねだらせるのです。
美人局の女性は後々コンビの男性と一緒に被害者を児童買春の罪で脅すため、必ず自身が未成年である事を明かす必要が出てきます。
ですが、出会い系サイトや掲示板で未成年である事を明かしてしまうとカモを捕まえる前に規制されたりサイバー補導などで警察沙汰になってしまいます。
そこで、美人局の女性は出会い系サイトなどでは19歳や20歳として登録し、その後ホテルに入った直後に
「実は書いてある奴よりもちょっと下なんだけど…いいかな?」
などと言って曖昧に未成年である事を匂わせておくのです。
成人だと騙されて身体の関係を持った場合はこちらの方がかなり有利になりますので、女性と会った際は必ず20歳以上の成人女性であるかはっきりと言葉で確認する事で被害を防止することが出来ます。
(※未成年との売春・援交行為は違法です。
年下の女性と身体の関係を持ちたいのなら20歳以上の女性にお願いして高校時代の制服を着てもらうなどし、未成年を名乗る女の子には関わらないようにしておきましょう。

その2 相場より安すぎる値段を提示して来る

出会った女性と大人の関係を希望する場合、避けて通れないのが女性に渡すお金の金額の問題です。
多くの男性は女性と大人の恋愛を希望する場合、事前に金額の交渉を済ませている事でしょう。
本当にパパ活や大人の恋愛を希望している女性の場合、たとえ食事だけでもお小遣いの希望額が1万円を下回る事はありません。
ですが、美人局の女性は後々1万円では済まない高額なお金を請求する予定がありますので、引っかかる男性の母数を増やすべく5000円や食事代のみ、お金はいらないなどと書いて男性にアピールをするのです。
女性から安すぎる値段を提示されたり、無料で身体の関係を求められたら9割美人局だと思っていいでしょう。

その3 女性の行動がこちらにとって都合が良すぎる

本物のパパ活女子や大人の恋愛志望の女性はある程度『自分を高く見て欲しい』という欲求を持っており、いわゆるプロの女性と同じ扱いにして欲しくないと思っています。
また、同時に後ろ盾のなさから初めて会う男性に対して一定の怯えや警戒心を持っており、ルールを定めて被害を防止していることがほとんどです。
男としては出会ってすぐにホテルに行きたい・あわよくば無料で済ませたいという欲求はあるでしょうが、それは女性にとっては何のメリットもなく、男性だけが得をするので本物ならば絶対に嫌がるはずなのです。
しかし、美人局の女性はそういった男性の欲をつき、
・待ち合わせ場所をホテルの前にする
・会ったらすぐにホテルに行きたいと言う
・人気のない場所を待ち合わせの場所に指定する
・初対面でドライブデートを希望する(確実に免許証を持ってこさせるため)
といった事を男性にお願いしてきます。
こういった行動は後ろ盾となる男性がすぐ側いるからこそですので、警戒心がなさすぎる・都合のよすぎる提案をする女性は美人局としてしっかり避けていくようにしましょう。

まとめ

美人局の女性の見分け方や特徴を3つ紹介していきました。
リスクを回避して自由な大人の恋愛を楽しむにはある程度の前知識が必要です。
あらかじめ地雷の女性を見分ける知識を身につけ、楽しい大人の恋愛ライフを送りましょう!