別名『浮気スマホ』!不倫や大人の恋愛慣れした男女が浮気・不倫がバレない方法として「不倫中は絶対にF社のスマホを使った方が良い!」とF社のスマホをおすすめする理由を紹介していきます。

■3人に1人はスマホの中身をこっそりチェックされている!

不倫や大人の恋愛など、2人でコッソリ楽しみたい物がパートナーや他の人間にバレてしまう要因として、『スマホの中を見られてしまったから』『スマホの通知や履歴をたまたま見られてしまった』という物が挙げられます。
女性向け雑誌『CanCam』が2015年に発表した20代~30代の独身男女2646人に向けて行ったアンケートによると、パートナーの携帯を内緒で見た事がある男女の割合は男性で19.2%、女性で34.0%と意外に高く、特に男性の場合は3人に1人はスマホの中身を本人の同意なしにこっそりとチェックされているという結果になっているようでした。
スマホにはログイン画面の暗証番号入力や図形フリック、指紋認証などがありますが、後ろからコッソリ確認しておく、寝ている間に指を借りるなどそれらの対策をものともせずにスマホの中身は覗かれており、それが原因で破局や離婚に至ったカップルはかなりの数になるようです。

■F社スマホの別名は『浮気ケータイ』!

大人の恋愛や不倫を隠しておきたい場合、普通にスマホを使っている男女なら暗証番号などの他に特定のブックマークや電話帳の名前を非表示にできるシークレットモードを使う事があるかもしれません。
しかし、普通のシークレットモードはスマホ画面上にメガネと帽子のマークが出たりなど一目でシークレットモード中だと分かる表示が出てしまったり、モードの切り替えに時間がかかって突然パートナーに「スマホ見せて!」と言われた時に対応することが出来ない、名前が出てこないだけでメールの中身は全部見られるなど、本当に“他人にスマホを見られた時に危なくない”程度のセキュリティしかありません。
それに比べ、F社のスマホに搭載された『プライバシーモード』は開発者が「浮気のために作りました」と漏らしたエピソードがあるほど不倫や浮気のニーズにピッタリと合った機能であり、他のスマホに比べて
・プライバシーモードを起動すると見られたくない電話帳の名前やメールの中身、アプリ一覧のアイコンやアルバム内の画像、ブックマーク、SNS・電話・メールの履歴や受信通知などを個別に設定して画面上に表示されないように出来る
・プライバシーモードの時とそうでない時の画面上の違いはほとんどなし。つまり、『隠していること自体を隠せる』
・スリープモードにすると自動的にプライバシーモードに切り替えることが出来るため、電源ボタンを押す・15秒間放置するなど1アクションで綺麗なデータのスマホに偽装することができる
・プライバシーモードの解除には背面の指紋認証部分をなぞらないと出てこない画面で暗証番号を入れる・ステータスバーを下にスライドしたら出てくる通知パネルの時計部分を右になぞるなど“設定を知っていなければできない”仕組みになっており、気まぐれに見たいと思われた程度では見破られない
・プライバシーモード中に非表示設定している人間からの着信やメッセージの受信があった場合、電池マークの色や電波マークの形が微妙に変わってお知らせ(電池マークか電波マークかは機種によって違います)。
電話番号やメルアドのみが表示され、中身は見られるという事はない
という長所があります。
一番良いのはスリープモードになった時点で自動的にプライバシーモードになり、隠している事自体を隠せるという所です。
寝ている間にスマホを見られても全く慌てる必要がありません。
むしろ堂々と「いつでも見ていいよ!」と宣言し、パートナーを安心させてあげることが出来るでしょう。
“パートナーに疑いを持たれる”という不倫バレの第1段階目を事前に防止することが出来、スマートにと大人の恋愛を楽しむことが出来るのが大人の恋愛慣れした男女が富士通スマホ(Fシリーズ)を猛烈にオススメする理由です。

まとめ

浮気・不倫・大人の恋愛がバレないスマホとしてF社のスマホを紹介していきましたが、他社製品に比べ、壊れにくい・傷つきにくい・防水機能つき・カメラ機能が高性能といった長所もあります。
乗り換えの際はこれらの長所をパートナーに告げ、自然に買い替えが出来るように配慮してあげましょう。
同じF社のスマホだけでも機種によってはプライバシーモードが搭載されていないものがありますので、購入前に下調べをするのだけは忘れないようにして下さいね。