ゴールデンウィークに男性とお買い物デートをしたいパパ活女子必見!
パパ活月収50万円の元パパ活プロ女子がやっていた、ショッピングモールやお店の中でやると成功率の高い『パパへの上手なおねだり方法2つ』を紹介していきます。

男性も喜ぶ!お店で欲しい物がある時の上手なおねだりの仕方2つ

その1 「○○さんとのデート専用にしたいから…」

女性に比べ、男性は欲しい物を考える際『なぜこれが欲しいのか』という理由を深く考える傾向にあります。
ですので、その傾向を利用して男性に欲しい物を喜んで買ってもらえる理由を話し、気持ち良くプレゼントを買ってあげたくなるおねだりをしていきましょう。
具体的に説明すると、特別感のある理由とは『あなたとデートする時につけたいから』というものです。
例えば、ショッピングモールで可愛い口紅を見つけた場合。
この場合はまず男性に「あ、ちょっといいですか?」と軽く声をかけてから立ち止まり、お目当ての化粧品がある場所に2人一緒に向かって下さい。
そして、欲しい口紅を手に取って「これ、すごく可愛いと思いませんか?」と聞き、次に「実はこれ、○○さんとのデートに行く事になった時から気になってて…この口紅をつけて○○さんと(レストラン・カフェ・バーなどの場所)に行きたいので、買ってくれませんか?」と言いましょう。
おねだり成功のポイントはねだる前に2回以上『YES』で答えられる質問をする事と、パパとのデートだけに使いたいからという特別感を出すことです。
本命の前にいくつかYESで答えられる質問をしておく戦法は店頭販売のセールスなどでも良く使われるものですので、より成功率を上げたい場合にはぜひ活用していきましょう。

その2 「試着して良い?」

男性が少し見栄っ張りな性格である場合、“フットインザドア”というテクニックを少し応用したおねだりをすると男性に気持ち良くプレゼントを貰う事が可能になります。
フットインザドアとは、『自分の行動を一貫したものにしたい』という人間の心理を突いたセールスマンのテクニックであり、アンケートや試食・モニターなどまずは簡単なことをお願いしてから買ってもらいたい商品を紹介する手法の事を指しています。
このテクニックをパパ活用に改変し、まずお目当ての服やアクセサリーの売っている店を指さして「あ、あそこに寄ってもいいですか?」と聞いて2人で店内へ入り、欲しい服かアクセサリーを手に取って「ちょっと付けてみても(試着してきても)良いですか?」と聞きましょう。
欲しい物が指輪以外のアクセサリーである場合、試着にわざともたついてパパにつけてもらうようお願いをしてもいいでしょう。
そうして簡単なお願いを2~3回承諾させたら、「わー…○○さん、これ可愛いと思いませんか?」と試着をしたまま質問を投げかけてあげて下さい。
そうすると、大体のパパはYESの返事をくれるでしょう。
その言葉を貰ったら本当ですか?嬉しい!欲しいなー…」と本命のお願いに入りましょう。
店員さんが試着後に声をかけてくれるようなお店であれば、ここまで言えば男性側に「すごく似合ってますよ!買ってあげて下さい」など猛プッシュをしてくれます。
ここまで来れば見栄っ張りな男性は9割断りませんので、欲しい物がある場合は店員さんも味方につけておねだりをしていきましょう。

成功率を上げるコツ:先にちょっとしたプレゼントを買ってあげる

どうしても最後のおねだりが上手く言えない、もっとおねだりの成功率を上げたいという堅実派のパパ活女子には、おねだりの前にちょっとしたプレゼントを買ってあげるのがオススメです。
本命のお店に行く前に紳士服や男性向けのグッズが売っているお店へ行き、ネクタイ・文具・ハンカチ・ベルトなどを目の前で買ってプレゼントしてあげて下さい。
先に男性に何か買ってあげておくと男性側もおねだりをされた時に「さっきコレ買ってもらったしなぁ…」という思考になり、「いいよ」と言いやすくなるのです。

まとめ

どの方法でプレゼントをおねだりした場合でも、必ず成功した時には大げさなくらい喜んで嬉しそうにし、「ありがとう!」の気持ちを大きくアピールする必要があります。
感謝の言葉と感激の表情でパパに『買ってあげてよかった』と思わせるようにし、2回目・3回目のおねだりの成功率を保てるようにしておきましょう。