2019年春夏リニューアル版!

“パパ活”の流行に乗って新しくパパ活女子になってみたものの、出会い系サイトや掲示板などを覗いてみたら知らない単語だらけで驚いたという新人パパ活女子は多いかと思います。
また、最近パパ活用語は進化してきているため、久しぶりにパパ活に戻ったパパ活女子も困惑している方が多いでしょう。
そこで、パパ活を始めたばかりのパパ活女子やブランク有りのパパ活女子、パパ活に興味のある女性向けに最近のパパ活用語をまとめて紹介していきます。

2019年最新版パパ活用語まとめ

■P活・P活女子

パパ活またはパパ活女子のこと。
最近出会い系サイトやSNSなどで“パパ活”という言葉が規制ワードに設定される事が増えてきたため、隠語として新しく使われるようになりました。
パパ活女子のSNS裏アカウントなどで最も良く見かけます。
(使用例)
・P活始めました!
・東京でP活女子をやっています!  など

■P

パパのこと。
食事P・お買い物P・太Pなどパパの部分を置き換えて使います。
こちらもP活と同じく禁止ワード対策で使われるようになった隠語ですが、SNSなどで“パパ”という言葉を検索した際、本当の親子という意味でパパという言葉を使っている人達に見つからないようにするという住み分けのために使われる用語でもあるようです。
(使用例)
・今日は新規Pと会いました
・Pになってくれる方待ってます!  など

■シュガーベイビー(シュガーレディ)

パパ活女子の隠語の1つ。
こちらはアメリカ発祥の言葉であり、パパ活を指すP活やPという言葉も禁止ワードに入っている出会い系サイトなどで使われるようになりました。
パパ活女子の代わりにこの単語が使われる場所では、パパのことはシュガーダディまたはシュガダと言われる事が多いようです。

■ラブパパ

肉体関係のあるパパの事。
身体の関係を持つつもりでデートをしたわけじゃなかったけれど、条件や気持ちが変わってエッチをする関係になったパパの事を指しています。
愛人との違いは“初めからセックスをするつもりで会っていたかどうか”のようです。
デートウォーカーでも関連記事をご紹介しております。合わせて読んで見ましょう。
『P活でセックスをしているパパ活女子の割合と身体の関係ありの値段の相場について』

■条件

パパ活の際、パパにお願いしたい禁止事項や決まり事についてを指すこともありますが、最近はデートごとにもらうお手当の金額の事を指す場合が多いようです。
パパ活用のマッチングサイトなどではパパからの第一声で「条件は?」と聞かれる事が多いので、これを聞かれたらパパにお願いしたい事も含めてキチンと欲しい金額を提示してあげるようにしましょう。

■地雷

デートの約束をドタキャンする、パパ活女子にお金を支払おうとしない、マルチ商法や詐欺を仕掛けてくる、無理矢理エッチなことをしてこようとする、暴言・暴行などパパ活においてのタブーを犯してくる人の事。
SNSなどで『パパ活 地雷』と検索すると過去実際にそういった事をした地雷パパのプロフィールや顔写真・何をされたかなどが詳しく出てくる事が多いので、初めてのパパと会う時は先に検索をかけておくと安心です。
ちなみに、デートのドタキャンをする・結婚詐欺を行うなどパパ活女子として相応しくない行動をしたパパ活女子が逆に『地雷パパ活女子』と言われる事もあるので注意しましょう。

■応援 (類義語:交通費)

デート代として渡されるお手当やお小遣いのこと。
“お手当”や“お小遣い”といった言葉でお金の生々しさを出したくない最近のパパ活女子が言い換え語として使うようになりました。
また、パパ活などのお金が発生する出会いを禁止している出会い系サイトなどで隠語として使われる事も多いようです。
(使用例)
・1枚応援してくれるPを募集中です!
・夢を応援してくれる男性を探しています  など

■スッポ

デートを無断ですっぽかすドタキャンのこと。
これをしてしまうとパパを激怒させてしまいますし、地雷女子としてプロフィールがネットにさらされてしまう事もありますので絶対にやめておきましょう。
もしデートの直前で気が変わったり、予定が変わってしまった時は最低でもその日の朝までにパパにお詫びのメッセージを送るべきです。

まとめ

最近使われるようになってきた2019年版最新パパ活用語を紹介していきました。
“パパ活”という言葉を知ったばかりの方向けに『【初心者向け】パパ活用語録まとめ』という記事もありますので、本当に基礎の基礎から知りたい方はそちらも参考にしてみてくださいね。