パパ活でパパ活女子と待ち合わせをする際に、女性が喜ぶスマートな待ち合わせの方法や注意点を4つ紹介していきます。

パパ活女子とスムーズに待ち合わせをする方法4つ

その1  待ち合わせのやり取りはLINE以外がオススメ

デートの予定やお小遣いの金額といった個人的なやりとりをするため、女性にLINEを聞く男性は多いと思います。
しかし、家族や友人と繋がっておりプライベートなタイムラインを流すこともあるLINEを男性に教えるのに抵抗を持つ女性は多く、「LINE教えて?」の一言で会う気が無くなる女性は意外と多いです。
そこで、女性とやり取りをしたい時はそういった事のない『カ◯オトーク』や『BA◯D』などLINE以外の無料アプリを提案し、気配りの出来る男性である事をさりげなくアピールしていきましょう。
場合によってはTwitterなどを教えられる事もありますが、こちらはパパ活用のアカウントである事がほとんどですので安全のため自分も“○○ちゃん用”という風にそれ用の新規アカウントを作成し、そのアカウントで連絡を取った方がお互いのパパ活バレを防げます。

その2 ネット上のやり取りでパパ活女子の不安を取り除く

パパ活女子とスマートに待ち合わせをする際、最も重要視しなければならないのは“出会う前に女性の不安を取り除いておく”ことです。
男性に比べて社会的にも肉体的にも弱いパパ活女子はパパと会うのにそれなりの不安を持っており、その不安が残っている限りスムーズに待ち合わせをすることが出来なくなってしまいます。
パパ活女子がパパに抱く不安とは、主に
・会って強引に身体を求められたら…
・お小遣いの支払いを拒否されたり値下げを要求されたら…
・どんなところに連れて行かれるんだろう?

の3つ。
この中で一番解決しやすいのは、2番目のお小遣いの部分でしょう。
パパ活女子と待ち合わせをする時は、ネット上でのやり取りの際
「デートの時に交通費をあげたいんだけど、食事に行く前にいくら位渡せばいい?」
と聞いておき、あらかじめ不安を解決しておいてあげましょう。

その3 『顔合わせ』の一言とデート場所の提案で成功率が10倍に

そして、パパ活女子が最も恐れる“強引に身体を求められないか”という不安について。
正直、男性からすれば期待もあるとは思いますが…ここをあからさまに出してしまうと女性から嫌われてしまい、可能性が0%になってしまいます。
そこで便利なのが『顔合わせ』という言葉。
「とりあえず初デートは顔合わせのつもりで…」「顔合わせのつもりで気軽に…」という風に“顔合わせ”という言葉を使うと女性側も安心して待ち合わせに向かう事が出来ますし、男性側も女性の本性を確認しやすくなるでしょう。
ちなみに、この時「顔合わせのつもりで○○(カフェ・レストランの店名)に行かない?」など“どこに行くのか”をはっきりと教えておき、デートが出来る日時を具体的にいくつか挙げてあげるのがオススメです。
そうすると女性は3つ目の不安もなくなって服装などの準備がしやすくなりますし、予定も立てやすいのでスマートな印象を与えることが出来るでしょう。

その4 ちょっと目立つ小物を持つとさらにスマートな印象に

デートの時間に遅刻するのは論外ですが、早すぎる到着はパパ活女子を焦らせ逆に印象を悪くしてしまいます。
パパ活女子とのデートの時は、待ち合わせの時間5分前~時間ぴったり位に待ち合わせ場所に到着した事を教えるメッセージを送ってあげましょう。
その際、周りの様子や自分の服装・今いる場所の具体的な特徴(近くにあるものや席の位置など)を伝えておくとスムーズに待ち合わせを行うことが可能です。
しかし、女性から見て男性の服装は少し見分けがつきにくいので待ち合わせのとき少し目立つ小物を持っておくとより良いでしょう。
ちょっと変わったネクタイをしておいたり、映画やキャラ物のタンブラーやハンカチなどの小物を持ったりテーブルに置いておいたりすると女性も見つけやすいですし、そこから会話も広げやすいのでさらにスマートな印象になります。

まとめ

パパ活女子と待ち合わせをする場合、ある程度のスマートさがなければ2人の仲を深めることが難しくなってしまいます。
デートクラブでしたら初デートまでの手間は全て会社側が引き受けてくれますので、女性との出会いに多くの時間をかけられないという男性はデートクラブの利用を考えてみるのもオススメです。