最近はSNOWなど修正機能の高いアプリが登場し、実物より可愛く見える自撮りを簡単に撮れるようになりました。
ですから、実際に会ってみた時「好みとちょっと違ったな…」というパパ活女子はどうしてもいると思います。
そこで、P活で見た目が好みではないパパ活女子が来た時パパがするべきベストな対応法を女性目線で紹介していきます。

デメリットだらけ!ドタキャンだけは絶対NG!

まず、待ち合わせ場所で見つけたパパ活女子がどうしても好み出なかった場合、真っ先に思い浮かぶのは“ドタキャン”“バックレ”という言葉だと思います。
パパ活アプリやSNS・無料掲示板での出会いの場合、『パパ活女子が好みのタイプじゃなかった』という理由でデートをドタキャンするパパは多く、見た目が好みではないパパ活女子と出会った時に最も多くとられる対処法は待ち合わせ場所から逃げるドタキャンなのだそうです。
しかし、これから先好みのパパ活女子と出会いたいならドタキャンやバックレだけは絶対にしてはいけません。
これは特にパパ活アプリやSNS・無料掲示板の3つを使ってP活をしているパパに言えることなのですが、ドタキャンをしたパパは高確率で『地雷パパ』としてSNS上にプロフィールや顔写真を晒されてしまいます。
人気のパパ活女子はパパに連絡を返す前にネットで『パパ活 (プロフィールの名前) 地雷』などと検索している事が多いので、メッセージに返信をもらうためにもドタキャンやバックレだけは絶対にしないようにしておきましょう。

■デートに好みじゃないパパ活女子が来た時の対処法

その1 情報収集に徹する!

男性の好みは様々ですので、自分にとっては好みでないパパ活女子も他のパパからオファーを受けていることは多いです。
そこで、どうしても好みではないパパ活女子がデートにやってきた場合、次のパパ活でパパ活女子とスマートなデートをするための情報収集に徹しましょう。
・パパ活女子目線でされたくない事って?
・自分と会ってくれた理由は?
・他のパパからどんなメッセージがどれくらい来てた?
・オファーされたお手当の平均は?
・パパのプロフィールを見る時一番重要なポイントは?
・この辺で一番行ってみたい場所は?
など、記者気分で様々な質問をしてみてください。
パパ活女子の意見を生で聞くと次以降のデートの成功率が格段に上がりますし、意外な発見が必ずありますので想像以上に充実した時間が過ごせます。
約束のお手当は情報料や取材の謝礼のつもりでキチンと渡してあげて下さいね。

その2 早めに切り上げられるような約束をする

好みではないパパ活女子とデートをするのはあまり気が進まないかもしれませんが、お互い約束をして時間を調整していますし、話してみると案外相性が合う場合もあります。
そこで、先にお手当を渡してから
・「実は〇時から仕事が入ってしまって…」
・「今日は顔合わせって事で軽く食事するだけでもいい?」
・「急に仕事が入っちゃって1時間しかいられないんだけどいいかな?」
など、デートを始める前に早めに切り上げる約束をやさしく伝えると良いでしょう。
お手当の額が約束通りなら、恐らくほとんど断られる事はないでしょう。
デート中は前述したその1の対応法を行うとより次に繋がります。

まとめ

パパ活女子は横の繋がりは薄いですがネット上で地味な情報共有をしている事が多く、パパに関する良い噂・悪い噂は案外広がりやすいです。
ストライクゾーンど真ん中のパパ活女子に出会うためにも大人な対応の仕方をあらかじめ把握しておき、充実したP活ライフの布石を打っておきましょう。