見た目が並以下で自信がない、P活が難しいというパパ活女子にだけ読んで欲しい、パパと楽しく話してもらうための新提案の相づち『さしすせそ』を紹介していきます。
(2018年5月29日追記)

■相づち『さしすせそ』といえば?

一般的に知られている相づち『さしすせそ』といえば…
・さ→流石です
・し→知らなかったです
・す→すごい
・せ→センスいい
・そ→そうなんですか?

の5つです。
この相づち『さしすせそ』は女性が男性に使うと話が盛り上がるとして合コン用さしすせそという形で広がっていったものですが、その後上司や姑など年上の人間であれば誰にでも有効である事が分かり、どんなシチュエーションでも使える相づちとして広く使われるようになりました。
しかし、汎用性が高すぎてこれらのフレーズはあまりにも有名になってしまい、最近は美人ではない女性がこの相づちを使うと『話を聞いていない・適当に聞いている』と辛口の評価をされてしまうようになりました。
ブス・デブだから…など見た目に自信のないパパ活女子はこのフレーズに代わる新しい相づち『さしすせそ』を使い、パパが気持ち良くおしゃべりできる雰囲気を作ってあげましょう。

■おブス・ぽっちゃりパパ活女子にオススメの新しい相づち『さしすせそ』

【人気記事】ブスでもできるパパ活② 見た目に自信がないパパ活女子用の新・相づち『さしすせそ』

・さ→「最高ですね!」

まず、「流石ですね」に代わる相づちとしておすすめしたいのが「最高ですね!」という言葉。
社長パパや医者パパなど接待をされる事が多いハイクラスの男性はこの「流石ですね!」という相づちを聞き飽きており、このフレーズを言われるだけで「心がこもってなさそう…」と感じるほどこの言葉に慣れてしまっています。
そこで、流石の代わりに『最高!』という言葉を使い、自慢話やギャグなどに満面の笑みを浮かべましょう。

・し→「信じられない!本当に!?」

次に、「知らなかった!」に代わるフレーズ。
パパから豆知識やうんちくなどを教えてもらったら「信じられない!」という言葉を真っ先に言って驚いたように目を丸くし、そのあと「本当に!?」「思いつかなかった…!」「何でそんなこと知ってるの!?」など、教えられた知識に合わせた言葉をつけ足していきましょう。
ちなみに、このフレーズは仕事や人間関係の愚痴を言われた時にも有効です。
愚痴の対象に対して怒っているように「信じられない!ありえない!」と言って続きを促してあげましょう。

・す→「素敵ですね!」

相づち『さしすせそ』が出回ってしばらく経った今、「すごーい」という言葉は“話を聞いていない女子の常套句”として認識されるようになりました。
そこで、男性からちょっと感想に困る話や自慢話、思い出話などをされた時は『すごい』の代わりに『素敵』という言葉を使い、新鮮な感嘆の言葉をプレゼントしてあげましょう。
素敵、という単語を相づちとして使われる事はほとんどありませんのでパパを少しびっくりさせることが出来ますし、上品な言葉選びをする女性として強い印象を残すことが可能になります。

・せ→「誠実なんですねー!」

「センスいい」、というフレーズは夜の世界や接待に慣れて少しひねくれてしまっているパパが『上から目線では?』と感じることの多い言葉でもあり、会話で手一杯のパパ活女子が使うには危険度の高い言葉となっています。
そこで、それに代わって「誠実(努力家・ストイックでもOK)なんですね!」という単語を使うようにし、パパを“誠実な男性”に育てる努力をしていきましょう。

・そ→「そんなことないですよ?」

「そうなんですか?」というフレーズはホメ言葉~アドバイスまでどんな話にも広く対応できる相づちですが、何度も使い過ぎるとやはり話を聞いていない風になってしまいます。
ネガティブな自虐や愚痴、ホメ言葉には「そんなことないですよ?」この相づちを返してパパをカウンター的にホメ返し、男性の気分を上昇させてあげましょう。

まとめ

継続パパして会えるパパ活女子を探しているパパほどパパ活女子のルックスよりも『話していて楽しいかという部分を重要視する傾向にありますので、パパをおしゃべりにさせる相づちを打てるというのはP活における大きな武器になってきます。
もっと話したい・また会いたいと思われるパパ活女子になってP活を成功させていきましょう!