留学や自分のお店を持つためなどパパ活をする理由はパパ活女子によって様々ですが、最近は整形費用を貯めるためにパパ活をするパパ活女子が増えてきました。
そこで、失敗のリスクを減らし、効率よくパパ活しながら整形するコツや方法を紹介していきます。

パパ活で整形費用を効率よく稼ぐ方法・コツ

その1 スマホの顔加工アプリで目標の顔を決める!

失敗なし!効率良くパパ活をしながら整形する方法
P活で整形費用を稼ぐ際、パパ活女子が一番初めにしなければならない事は整形のゴールとなる“目標の顔”を決める事です。
ノーメイクの状態で前髪などの髪を全てピンやカチューシャで留めたら、自分の顔を正面からスマホで撮影し、顔加工アプリや整形シミュレーションアプリで満足できる顔になるまで加工をしてみてください。
その際、どこをどれくらい弄ったかある程度メモ書きしておくと良いでしょう。
(例:目を大きくした、鼻を高くした、小鼻を小さくした、あごを細くしたなど)
パパ活女子が整形費用をP活で稼ごうとして失敗するパターンとして、主に
・手に入ったお金を際限なく整形に使って友人や家族に整形・パパ活バレしてしまう
・稼いだお金を別の事に使ってしまって整形費用が貯められない
・プチ整形を1つ~2つだけやってやめてしまう

の3つのケースが挙げられます。
これらの失敗パターンは目標の顔を定める事で防止することが出来ますし、整形をする度にメモ書きに書いた項目に〇をつけていく事で『まだ終わってない』と分かりやすく確認することが出来ますのでモチベーションを保つことが可能となります。
この行動はP活でお金を稼いだ後、担当医とカウンセリングをする時にも役立ちます。
一見必要のなさそうな地味な作業に見えますが、実は一番大切なポイントですのでP活をする前に絶対やっておきましょう。

その2 大学・仕事帰りor休日の週1~・2時間ずつがベスト

やればやるほどお手当が貰えるP活ですが、整形費用を稼ぐ手段としてP活をするなら初めのうちは大学・仕事帰りの2時間か休日の2時間のどちらかを使い、週1~2日だけP活をするのがオススメです。
一般的なパパ活相場であるデート1回1万円で計算をした場合、週1~2日P活をするとひと月で4~8万円の整形費用を稼ぐことが可能となります。
バイトや会社のように週5日以上P活をすれば一気に整形費用を稼ぐことは出来ますが、整形の為にP活をしているパパ活女子が場合そういった極端な稼ぎ方をしようとすると整形のダウンタイムや手術の肉体的・精神的疲れで長く持ちませんし、何より頻繁にパパと会い過ぎてパパの管理が大変になってしまいます。
1回のデートで2時間以上の長時間デートをしてしまうのも1回のデートでパパを満足させてしまう要因になりますし、顔を覚えられすぎて整形後に整形バレしてしまう可能性を上げてしまいますので、慣れないうちは週1日だけP活をして『月1回会うパパを4人キープする』事を目標にしていきましょう。
P活をする曜日と日時ですが、学校(大学)帰り・仕事帰りの2時間を使いたいなら月曜か金曜日の夕方以降か、休日の2時間を使いたいなら土曜日にP活をするのがオススメです。
手軽にP活をしたいのなら学校帰りor仕事帰りに、絶対にP活バレをしないようにしたいのならば土曜日に少し遠めの場所でパパ活をする方が良いでしょう。

その3 まずは簡単なプチ整形から!

失敗なし!効率良くパパ活をしながら整形する方法
メイクである程度ごまかすことが出来るとはいえ、やはり一重のパパ活女子より二重のパパ活女子が、鼻の低いパパ活女子より鼻の高いパパ活女子が有利です。
なので、整形費用を稼ぐためにパパ活をしようと考えている場合、まず1回1万円程度で出来るプチ整形を受けるところから始めましょう。
プチ整形はヒアルロン酸など数年で元の顔に戻る整形術ですのでパパ活女子にとってはそこまで得になりませんが、やはりプチ整形で可愛さをブーストしている間はパパの反応が違いますし、太パパの目に留まる確率がグンとアップしてきます。
プチ整形は施術が1日で終わりその日からメイクが出来るものも多いので、まずは簡単なプチ整形をして太パパの顔オーディションをクリアし、“太パパに会ってもらう”という関門をクリアするのがP活成功の一番の近道となっています。

まとめ

パパ活をしながら整形費用を稼ぐ場合、大学や会社は辞めずに副業パパ活女子になるのがオススメです。
普段の生活費はバイトや会社で稼ぎ、P活で外食分の食費を浮かせつつ整形費用を着実に貯められるパパ活女子を目指しましょう!