30代・40代のパパ活主婦がP活をする際、普通のパパ活女子以上に気を配っておかなければならないポイントがいくつか存在します。
旦那や知人にP活がバレてしまったパパ活主婦はこれらのポイントを守っていなかったケースがほとんどですので、これからP活を始めるパパ活主婦はここに注意していきましょう。

30代・40代のパパ活主婦が旦那にバレずにP活をするコツ5つ

30代・40代のパパ活主婦がP活をする時の注意点5つ

その1 ママ同士・主婦友同士の会話で“パパ活”を匂わせない!

旦那や知人にパパ活がバレてしまう一番の原因は、P活をしているパパ活主婦本人がうっかりP活をしている事を匂わせてしまうことにあります。
ママ・主婦同士の女子会などで秘密の話をする機会があるかもしれませんが、どんなに信用している相手であっても今P活をしている事は明かさないようにして下さい。
最近臨時収入があった・副業を始めたなど自分のお財布の中身が変わった事を匂わせることもNGです。
ちょっとした自慢話が噂となり、その噂からパパ活がバレたケースはかなり多いので注意していきましょう。

その2 セックスレスにならない

旦那側がパパ活主婦に疑いを抱くキッカケとして最も多いのは、夫婦間のセックスレスとなっています。
P活を始めたパパ活主婦は夫とのコミュニケーションを拒否するようになる事が多く、その結果セックスレスになって旦那に『最近おかしい…』と思われてしまう事が多いです。
P活を始めても夫婦間のコミュニケーションは増減させず、これまで通りの振る舞いをしていきましょう。

その3 メイク・服装・趣味を変えない

30代・40代のパパ活主婦がP活をする時の注意点5つ
P活を始めると経済的にかなり余裕が出来ますので、高いアクセサリーやバッグ・服やメイク用品などを買う事が出来るようになってきます。
さらに、P活のパパはパパ活主婦を妻や母としてではなく一人の女性として扱ってくれますのでP活をするうちに家庭に染まっていた女性観やファッション観がじわじわと戻り、普段の服装やメイクに対する気合の入り方が変わってしまう方が多いです。
男性の勘は女性ほど鋭くありませんが、それでもメイクで待たされることが増えてきたり、突然妻の趣味が変われば流石に違和感を覚えます。
P活後に買った服やメイク用品は女子会・旦那との外出では利用せず、パパとのデートや1人の外出の時に使うようにしていきましょう。

その4 旦那や友人への連絡頻度・態度もいつも通りに

これはやや男性的な思考を持つパパ活主婦の方に多いのですが、P活を始めてから
・旦那や友人に対する連絡がマメになる
・プレゼントが増える
・普段怒る事で怒ってこない
など、サービス精神がものすごく旺盛になる方が存在します。
これは鈍いタイプの旦那や友人であれば『最近機嫌が良いなぁ』くらいで済むのですが、これを浮気経験のある男性や敏感な相手にやってしまうと疑いを持たれてしまいます。
安全確認もかねて連絡をマメにしたくなる気持ちも分かりますが、P活中はパパ以外に連絡頻度や態度を良くし過ぎないように気をつけていきましょう。

その5 スマホのロック・持ち歩きも控えて

P活ではパパとスマホで連絡を取り合う必要がありますので、P活を始めた後スマホにロックをかけだしたり、お風呂やトイレにもスマホを持ち歩くようになるパパ活主婦は多いです。
逆の立場に立って考えてみると、これまで無造作にスマホを置いている事が多かった旦那がどこに行くにもスマホを持ち歩き始め、画面にロックまでかけ始めたという状態です。
こうなると、これまで興味のなかったスマホの中身を検査したいと思うのは当然でしょう。
パパからの通知は非表示にするなど通知の対策さえとれば十分ですので、スマホの扱いもこれまで通りにしていきましょう。

まとめ

パパ活と不倫は全く違うものなのですが、言葉だけで説明するとどうしても誤解を招きやすく、不倫と同じ扱いをされて家庭内のトラブルが起こりやすくなってしまいます。
P活をする時は旦那や知人にバレないよう気を配り、賢く稼げるパパ活主婦を目指しましょう。