パパから警戒心を悟られずに身バレを防ぎ、P活バレを防ぐにはパパ活用プロフィールを作った上でパパ活用のSNSアカウントを作ってしまうのが有効です。
ただし、このパパ活用SNSアカウントにはいくつか注意点が存在します。

P活をより安全にするパパ活上級者のP活用SNSアカウントの使い方

1.P活用SNSでパパ募集を絶対しない

P活を安全にする上手なパパ活女子用SNSアカウントの使い方(前編)
まず、一番初めに覚えておいてほしい注意点はP活用SNSアカウントでパパの募集を絶対にしないということです。
P活用にSNSアカウントを作るのにそのアカウントでP活をしてはいけない理由として、SNSの規約とパパの質が挙げられます。
SNS上でパパを募集しても、集まってくるのはヤリモクなどの危険な男性が多いです。
また、誰でも無料で利用する事が出来るSNSでパパ活をしているパパは精神的にも経済的にも余裕のない地雷パパである可能性が高く、そういった面でもSNSでパパを募集することはオススメできません。
ただ紳士的でないだけのパパならまだいいのですが、場合によっては冷やかし目的のドタキャン、女性からお金を騙し取る事が目的の詐欺師、最悪の場合女性を呼び出して犯罪行為を行うことが目的の変質者である可能性も存在します。
そういった男性は女性を呼び出すのにお金がかからないSNSにいる事が多いので、男性を見る目に自信のないパパ活初心者ほどSNSでパパを募集しないようにしていきましょう。

2.『パパ』『パパ活』『P』『デート』の単語は使用禁止!

P活を安全にする上手なパパ活女子用SNSアカウントの使い方(前編)
P活用のSNSアカウントはパパを募集するためではなく、パパにP活用のプロフィールをより深く発信し、複数のパパにまとめて自分をアピールするために使う日記のような物として利用していくものです。
ですから、P活用アカウントで『パパ』『パパ活』『P』『デート』などP活を連想させる言葉を絶対に使ってはいけません。
パパとデートに行った日の夕方に『今日は○○というお店に2人で行って…』というポジティブな内容のツイートをするなど、男性と行った・デートだったとは書かずにパパ活デートの事を匂わせ、パパが見た時に喜んでもらえる投稿をしていきましょう。
デートの感想の他、勉強中やパパ活用プロフィールに書いた趣味をしているように見えるプライベートショット風の写真を投稿すると、パパ活用のプロフィールをより信じてもらえるようになってきます。
そして、P活連想ワードをP活用アカウントで使ってはいけないもう1つの理由なのですが…2017年以降、パパ活女子のアカウントに自称正義漢の人間が見当外れなお説教メッセージを送信してきたり、無関係の人間がP活とは関係ない不快なメッセージやグロ画像を送ってくることが増えてきました。
こういったメッセージばかりになってしまったアカウントはパパが見ても楽しい気分にはなれませんので、P活用アカウントとしての価値は0になってしまいます。
こういった迷惑アカウントからの悪戯を防ぐためにもP活用アカウントはパッと見ではパパ活女子のものだと分からないようにし、ただ見ただけなら普通の女の子の日記に見えるアカウントに見せていきましょう。

3.出来れば顔出し・顔半分出しで

パパ活をしているパパは複数人のパパ活女子と会っている事が多いため、どうしてもパパ活女子の情報や顔の記憶があいまいになってしまいがちです。
そこで、P活用のSNSアカウントでは基本的に顔出しまたは顔の一部を出したアイコンを使用し、自分のことをより覚えてもらえるようにしていきましょう。
顔の一部など顔を出したアイコンを撮影する場合、ホクロを足す・消すなど顔の特徴を変えておくと知人へのP活バレを防げます。
→P活を安全にする上手なパパ活女子用SNSアカウントの使い方(後編)に続く