パパ活初心者にはコンシェルジュが付き、相性の合うパパとのマッチングをしてくれたり年上男性が喜ぶデートの仕方を教えてくれるデートクラブでのP活がオススメとなっています。
しかし、数あるデートクラブの中には『女性をターゲットにした悪質デートクラブ詐欺の実例と対処法5つ(前~後編)』で紹介したような女性を狙った悪質なデートクラブも多く、自分にピッタリのデートクラブを探すのには苦労するかもしれません。
そこで、パパ活初心者の女性でも簡単に出来る良質なデートクラブの見分け方を5つ紹介していきます。

知識・経験0でも分かる良質なデートクラブの見分け方(その1~2)

その1 会社概要を見る

パパ活初心者が初めて利用するデートクラブを選ぼうと思った場合、まず最初に見なければならないのはHPの内容ではなく【会社概要】の内容です。
交際クラブが健全な運営をするためには男女の会員と面談が出来、会社として書類の処理を行ったり、丁寧な電話対応をする事が出来るしっかりとした事務所が必要となってくるでしょう。
ですから、良質なデートクラブであれば【会社概要】の中にデートクラブの名前とは別の法人名(会社名)や事務所の住所・問い合わせ用の電話番号が必ず書いてあるはずです。
パパ活初心者がHPにやって来た際は、まず会社概要の中に
・交際クラブを運営する法人名(会社名)
・事務所の住所
・問い合わせ用の電話番号

が明記されているかを確認し、その3つが揃っている交際クラブの中から入会するデートクラブを選んでいきましょう。
ただし、悪質なデートクラブの中には個人宅や安い価格で借りることが出来る路地裏の古い雑居ビルなどを事務所としている場合もあります。
事務所として書いてある住所は1度グーグルアースなどで検索し、国道や大通りなどしっかりとした道に面した場所にある会社か、外観はキレイかなどを確認しておきましょう。

その2 女性会員・男性会員向けの情報を両方確認する

交際クラブやデートクラブのHPは大抵女性向け・男性向けでページの内容が分かれており、女性向けのページには女性会員の募集要項や入会を考えている女性へのメッセージが、男性向けのページには男性会員の募集要項や入会している女性の傾向などが書かれてあることが多いです。
しかし、質の低い危険なデートクラブの中には女性向けページには『どんな女性でもOK!』『年収○○万円以上の男性のみが入会出来るクラブです』といった宣伝文句を載せ、男性向けのページには『容姿端麗の若い女性だけを集めています』『身分証明だけで入会OK』と書いているなど矛盾した内容を掲載しているケースが多いので、HPの内容は必ず男女両方確認しておきましょう。
特に、男性向けのページに
・容姿端麗な女性を…
・ハイレベルな女性ばかりを…
・美女・美しい女性だけを…

という言葉が使われている場合、警戒レベルを少し上げる必要性が出てきます。
なぜなら、女性の好みと同じように男性の好みは千差万別であり、ある男性が美人だと思う女性が他の男性にとっても美人だとは限らないからです。
人の好みに絶対の保証がない以上、こういった謳い文句は責任感のない言葉だと言えるでしょう。
基本的に、男性向けのページに上記のような文言が書いてあるデートクラブは男性会員のルックスに対する期待度が異常に高く、初心者向けとは言えませんので避けた方が無難です。
また、男女両方のページを確認するのはリスク回避の他、そのデートクラブが求める女性の雰囲気や男性会員が期待する女性会員の傾向を知ることにも繋がります。
『このデートクラブは私に合っているのか?』という相性確認を行うことが出来ますので、複数のデートクラブで入会を迷っている場合、ここのポイントに絞って候補を確定していくのもオススメです。
『パパ活初心者が良質なデートクラブを見分ける方法5つ(後編)』に続く