パパとパパ活女子と言いう需要と供給の関係で成り立っているパパ活は他の市場と同じく“相場”と言うものが存在し、この相場は常に変化し続けています。
相場を把握しているパパ活女子とそうでないパパ活女子とではパパ活のやりやすさが段違いですし、情報に敏感な女性は向上心があるとしてパパから好かれやすくなっていますので最新のパパ活相場は常に把握しておきたいものですね。

最近のパパ活相場事情

正直なところ、最近パパ活相場は少しずつ下がってきてしまっています。
なぜなら、『パパ活』というワードが有名になり過ぎて援デリ業者など悪質な組織がこぞって『パパ活』と言う単語を使うようになり、見た目の額面だけ安い募集が急増してしまったから。
さらに、ネットワークビジネスをしたい詐欺師や援交少女らも男性客を掴もうと安い値段でパパ活募集をしてしまっているため、それに引っ張られた本物のパパ活女子が少し安めの募集をしてしまっているようです。
この傾向は無料掲示板やSNS・出会い系サイト・マッチングサイトといった場所で特に顕著であり、簡単に新規登録が出来る場所ほど相場の下がり方が激しい様子となっていました。

今からパパ活を始める新人パパ活女子のパパ活相場って?

パパ活を“パパがパパ活女子の夢を応援するために肉体関係なしでデートをする事”と定義した場合、今からパパ活を始める新人パパ活女子の値段の相場は“デート1回1万円”となっています。
ただし、この値段は2時間程度パパと一緒にいる事を想定した額です。
映画+お食事デートやテーマパークに遊びに行くなど2時間以上の長時間パパと過ごす場合は1.5倍程度の値上げを、1時間程度の軽い顔合わせやランチデートならその分の値下げを行いましょう。
デートの内容によってパパ活の値段を変えることで自分に合ったパパを探しやすくなりますし、パパの方も納得してお小遣いを渡すことが出来るようになってきます。
また、次のデートの時もお小遣いの希望が違う事を理由に次回のデート場所を確定してもらうことが出来ますので、準備がしやすく安全なパパ活が出来る好循環を作り上げることが出来るのです。
時給換算すると【デートのための準備(1時間)+移動時間(往復で約1時間程度)+デートの時間(2時間)】とした場合、1時間2500円~になりますね。
これを少ないと感じる場合、単発パパを定期(月極)パパにして値上げ交渉をしていくのがオススメです。

パパ活相場を『高い!』と思うパパは多い?

ネット上では「ご飯だけで1万円は高すぎる!」という声がよく見られますが、例えば男性とお酒を飲みながらお話をするのが仕事のクラブやラウンジで考えた場合、大抵の店は1時間座っているだけで1万円ほどかかります。
さらに、それに加えてお酒のボトルやフルーツ・おつまみなどを頼むと安いものでも5000円~1万円以上かかってしまいますし、そうして呼んだ女性も他の指名客がやってくれば時間内に席を出入りしますので実際に話せた時間は30分以下だったということも決して珍しくはありません。
1時間あたり1万円以上かかる事が確定しており、その1時間の間であっても目当ての女性が他の男性のところへ行ってしまう可能性があるプロのお店と、1万円で2時間以上女性との時間を独占できるパパ活女子。
“女性と楽しく話して癒されたい・新しい視点が欲しい”という目的でパパが癒し場所を選ぶ場合、どちらがお得かは火を見るより明らかですね。
これからパパ活を始めるパパ活女子はこの事を踏まえ、自信をもってパパからお小遣いをもらいましょう。

まとめ

相場を知らないパパ活女子が悪質なパパに当たってしまうと相場よりもずっと少ない金額でパパ活をさせられて大損をしてしまう事がありますし、知らずに高すぎる値段でパパ活をしようとするとそれを見た男性が面白がってネットに晒してしまったり、そういった事を判断する能力がない女性だと思われて詐欺師に目を付けられるということもありえます。
常に最新のパパ活事情を知って相場を把握しておき、トラブルの種を事前に摘んでおきましょう。