普通のパパ活女子に比べてパパに使える時間が少ないシングルマザーのパパ活女子はパパと連絡を取る時どうしても用件だけのシンプルなメールを送ってしまいがちです。
しかし、この時連絡の取り方を間違えるとパパから『この子は対応が事務的だなぁ…』と嫌われてしまいますし、最悪の場合母親のスマホを使ってゲームやメールをしている子供にパパ活の事を知られてしまうことがあります。
そこで、子供に自分のスマホを使わせているシングルマザーのパパ活女子でも使う事出来、パパからも好かれる連絡の取り方のコツを紹介していきます。

パパにも子供にも好かれるシングルマザーパパ活女子の連絡の取り方

その1  子供にスマホを使わせていてもバレないパパへの連絡方法

家族やパートナーにバレないパパとの連絡の取り方といえばLINEやTwitterなどのSNSやゲームアプリのメッセージ機能などが有名ですが、子供にゲームなどで自分のスマホを使わせているシングルマザーのパパ活女子の場合、これらの方法はあまりオススメできません。
なぜなら、子供がスマホを使っている時にパパからLINEがきて通知画面からメッセージの内容を読まれてしまったり、うっかり目を離した隙に子供が好奇心でSNSやゲームにログインし中身を全て読まれてしまう可能性があるからです。
ちょっと悪戯心の強い子供の場合、見るだけでなくパパからのメッセージに返信までして相手を驚かせてしまう可能性もあるでしょう。
ですから、シングルマザーのパパ活女子がパパと連絡を取る場合、メッセージが送られてきても通知画面に連絡内容が表示されないYahoo!フリーメールや捨てアドぽいぽいなどを使って連絡を取っていくのがオススメです。

その2 パパに連絡が取れない日時をあらかじめ伝えておく

当たり前ですが、パパは何も言わずに電話を無視されてしまったり、長い間連絡を放置されるとがっかりしてしまいます。
ですから、パパには子供がスマホを触っている時間帯や子供関係のイベントで連絡が取れない日時などをあらかじめ伝えておき、わざと連絡を遅くしているわけではない事を教えておきましょう。
まだパパと会ったばかりで子供の事を伝えにくいという場合、連絡が取れない理由は
・この時間帯は仕事中だから電話やメールが出来ない
・この日は親の家に行かないといけないから連絡が出来ない
・資格の勉強に集中し過ぎて返信が遅くなってしまう事がある

など、仕事や親など真面目な理由を伝えておくといいでしょう。
自分が連絡できない日時を伝える際、同時にパパが連絡をもらうと困る時間帯や日時も聞いておくと“気が利く女性”としてパパから好かれやすくなってきます。
理由を伝えていてもパパがそれを忘れている場合がありますので、返信が遅れた時は必ず『すみません!今日は○○をしていて…』など連絡が遅れた理由を必ず伝えていきましょう。

その3 連絡の長さよりも頻度を重要視する

学生など自分の時間が多いパパ活女子はパパのために長電話や長いメールのラリーをする事が出来るのですが、シングルマザーのパパ活女子は家事や育児がありますので何時間もメールのやりとりをするわけにはいきません。
そこで、パパとメールをするのは最高でも30分程度にし、時間が来たら『ごめんなさい!もう少し話していたいのですけどこれから○○をしないといけないので…またすぐに連絡しますね!』などと言ってラリーを切るようにしていきましょう。
その代わり、普通なら1週間に1度のところを3日に1回にするなど連絡の頻度を増やし、短く頻繁に連絡をしてあげるようにして下さい。
そうする事でパパに何度も『もっと話したい…』という物足りない感覚を与えることが出来、苦労してデートの約束を取り付けようとしなくてもパパが自分からデートに誘ってくる好循環を生み出すことが可能となります。

まとめ

シングルマザーのパパ活女子は使える時間が少ない以上、どうしても普通のパパ活女子よりも連絡に気遣う必要が出てきます。
しかし、その分上手に連絡を取ることが出来れば普通のパパ活女子以上に「早くこの子と会いたい!」「もっと話したい!」と飢餓感を抱かせやすくもありますので、シングルマザーのパパ活女子はスマホを上手に活用していきましょう!