先日、本サイト『デートウォーカー』の読者様からこのようなご相談がありました。

“こんばんは。どうしてもやりたい事があってパパ活を始めようと思っているのですが、ネットでよく言われているパパの食い逃げが怖いです。
今は節約をしながらお金を貯めているので高いレストランとかで食い逃げをされてしまうとすごい困ります。噂だけじゃなくて本当にあるんですよね?パパ活初心者でもできるパパの食い逃げ対策ってありますか?
お金をかけずに出来る方法だともっと良いです!”

A.お悩みの答え

まず、パパを名乗る男性がパパ活女子にオファーを出し、デート当日高級なレストランなどで飲み食いをしてそのまま代金を払わず逃げるパパの食い逃げトラブルは実際に発生しています。
パパの食い逃げは他のパパ活トラブルと比べるとややレアなトラブルの類ではありますが、確実にありますので初デートの時ほどトラブルの想定に入れておく方が良いでしょう。

パパ活初心者でも出来る食い逃げパパの対策方法3つ

・ピーク時間帯を避けてもらう

食い逃げパパの対策方法として最も簡単なのはデートの時間をお昼ご飯や夕飯のピーク時間帯に設定せず、空いている状態のお店で食事が出来るよう待ち合わせ時間をあらかじめずらす方法です。
食い逃げパパは基本的にお店が忙しい時間帯を見計らい、他のお客に紛れて店からさりげなく出て行くことでパパ活女子に会計を押し付けてしまいます。
しかし、お店が落ち着いている時間帯なら店員さんもお客を見る余裕があります。
そうなると食い逃げパパは店員の目を盗んで1人で退店することが出来ませんので、結果的に食い逃げをしたくても出来ない環境を作り出すことが出来るのです。
食い逃げパパに人気の高級店は明らかに年下の女性を指して「会計は連れが払うから」と言われてもそれをすぐには鵜呑みにせず、きちんと確認を取りに来てくれるようになっています。
初デートの時だけは「ゆっくり話をしたいので…」などと言って食事の時間帯をずらしてもらい、空いている時間を選ぶようにしていきましょう。

・身支度は同時にする

食い逃げパパの特徴として、食べ終わったばかりなのにもうジャケットを着ている・まだパパ活女子が食べているのにマスクを付け始めるなど帰りの身支度が早すぎるという物があります。
そこで、パパがそういった帰り支度を始めたら自分もカバンを手に持つなどし、「もう出るんですか?えーっと…こういう時って外に出ていた方が良いんでしょうか?」と軽く腰を浮かせつつ丁寧に笑顔で聞いて見せて下さい。
こうすることでパパが勝手に外に出て行く事を防止することが出来ますし、疑っている事を知られないようにしつつ自然に食い逃げをけん制することが可能となります。
こう言うとパパから「ただのトイレだよ」と言われる事もありますが、その場合は一緒に行きたいと言ってパパの後ろをついて行き、トイレの出口でパパをのんびり待ちましょう。

・パパのスマホに電話が来たら荷物番を買って出る!

食い逃げパパの手口で最も多いのが、大事な用事の電話が来たフリをして一度店の外に出ていき、そのままバックレて食い逃げをしてしまうというパターンです。
そこで、パパ活女子は初デートのパパから電話がかかってきたと言われた場合、すぐに「いってらっしゃい!それじゃあ荷物番してますね!」と言い、パパのカバンを笑顔で自分側に素早く引き寄せておきましょう。
流石の食い逃げパパも財布や免許が入っているカバンを置いて食い逃げをする事は出来ません。
カバンを引き寄せる時は自分側に寄せる気持ちでそっと持ち、自分の座っている椅子側にカバンを添える程度にしておきましょう。
あからさまに自分の膝の上にカバンを置いたり持ち手を思い切り握って乱暴に引き寄せてしまうとそれだけでパパの食い逃げを疑っている事が伝わってしまいます。

まとめ

初デートの前にパパの食い逃げをコッソリ想定しておき、そう思われないように対策をしておくのはとても大事ですね。
質の良いパパが集まる安全なパパ活の場でP活をするのが一番良いのですが、そういった場所を見つける前なら今回の記事のような食い逃げパパ対策は必須と言えるかもしれません。