今、安全にパパ活をしたい慎重派のパパ活女子の間でケータイの2台持ちが流行っています。
そこで、これからスマホの2台持ちをするパパ活女子や2台持ちを考えているパパ活女子向けにパパ活用ケータイでパパやデートクラブと安全に連絡を取る方法を紹介していきます。

パパ活用サブスマホでパパやデートクラブと安全に連絡をとる方法

その1 パパ活にプライベート用のスマホを持ってこない!

パパ活女子がパパ活用にケータイの2台持ちをしている場合、パパとのデートやデートクラブとの面接ではプライベート用のケータイを持っていかず、連絡先を交換する時もそれが2台目のケータイである事を教えないようにして下さい。
もしも2台目のケータイである事がバレてしまうと“プロ感”が出てパパからの印象が悪くなってしまいますし、その後は当然「本物のケータイのメアドとか番号は教えてくれないの?」と思われてしまいます。
さらに、もしも面談に行ったデートクラブが女性をターゲットにした詐欺デートクラブだった場合、個人情報である本物の電話番号を知られてしまうと厄介な事に巻き込まれてしまうでしょう。
セキュリティーなどがしっかりとしている良質なデートクラブ相手でしたら何の問題もないのですが、念のため一番初めはいつでも変えることが出来るパパ活用ケータイの電話番号やアドレスを教え、番号が売られておかしな所から連絡が来るようにならないかなどをしっかりとチェックしておくべきです。
どうしてもプライベート用のケータイも持って行きたいという場合、そのスマホはバッグのサブポケットの中などバッグを普通に開けても見つからず、すぐには取り出せない位置に隠しておくことをおすすめします。

その2  パパ活用ケータイは常にサイレントモードに!

パパ活用のケータイは新規契約をした後すぐにサイレントモードまたはマナーモードに設定し、着信音が鳴らないよう設定しておいてください。
これは彼氏や旦那・子供や親などに内緒でパパ活をしているパパ活女子に特に言えることなのですが、2台目のケータイは見つかるだけで疑いの目を向けられてしまう危険アイテムとなっています。
専門性のある職場で正社員として働いているパパ活女子ならギリギリ「仕事用に持たされてて…」と言えるかもしれませんが、学生や主婦のパパ活女子ですとかなり厳しい言い訳となってしまいますし、普段使いのケータイ以上に「中を見せて」と言われやすくなるでしょう。
うっかり着信音を鳴らして2台目の存在を知られることがないようすぐにサイレントモードorマナーモードにしておき、パパやデートクラブと連絡をする時以外取り出さないようにして下さい。

その3 彼氏・旦那にバレない2台目のケータイの隠し場所は?

彼氏や旦那には絶対に見つかりたくない2台目のケータイの隠し場所ですが、パパやデートクラブとそれなりの頻度で連絡を取る必要があるパパ活女子の場合、隠し場所は“トイレの生理用品入れの中”“普段使うカバンのサブポケットの中”にしておくことをオススメします。
男性は普通生理用品入れに興味を示しませんし、触ろうと思う事はまずありません。
さらに、パパ活から帰って彼氏や旦那が家にいてもトイレの中でしたら自然に2台目のケータイを隠しに行く事が出来ますし、パパやデートクラブとのやりとりもトイレの中で済ませることが出来ますので実際に連絡を取る時にも便利です。
普段使うカバンのサブポケットの中の場合、生理用品入れの中に隠すよりも見つかりやすいですし使う場所に気を付ける必要性も出てきますが、いざ見つかっても
・前使っていた奴が入りっぱなしだった
・音楽を聞く時用に使っている

など、状況に合わせた言い訳が使えるという利点があります。
この場合は2台目のケータイは前使っていた機種と同じものにしておくとさらに安全になるでしょう。

まとめ

パパ活女子にとって、安全なパパ活は多少の手間を払っても確保しておきたいもの。
正しいパパ活用ケータイの使い方を知ってパパと適度な距離を保ち、安全に充実したパパ活が出来るよう手段を講じておきましょう!