パパ活に興味のある女性の中には『デブだから…』という理由でパパ活に踏み切ることが出来ず、夢を諦めている方がいるかと思います。
しかし、パパ活をしているパパが苦手なのは太っている女性ではなく
・「デブだから」という理由でデートなのに女性らしいオシャレをしてきてくれない
・太っている事を自覚していないような服装でデートに来る

などといった“客観視力の低いパパ活女子”であることがほとんどで、ぽっちゃり女子=絶対無理ということはありません。
そこで、ぽっちゃりパパ活女子にオススメしたい2018年夏のパパ活デートファッションを5つ紹介していきます。

【2018年夏版】ぽっちゃりパパ活女子にオススメのパパ活コーデ

その1 トップスはボリューム多め、スカートは細めでひざ下丈

ぽっちゃりパパ活女子が初めてのパパとデートに行く場合、一番オススメしたいファッションは【ボリューム多めのトップス+ひざ下丈の細めスカート】の組み合わせとなっています。
ドルマンスリーブやフレア袖のブラウスなどボリュームのあるトップスとタイトスカート(ペンシルスカートは×)やプリーツなしのスカートを組み合わせ、ぽっちゃり女子でも細い手首や足首を露出して女性らしい見た目を作っていきましょう。
太ももが見えてしまうと一気に“デブを自覚していない感”が出てしまいますので、スカートの丈は普通のパパ活女子より少し長めのひざ下丈がオススメです。

その2 ロングカーディガン+シャツワンピース

【ボリューム多めのトップス+ひざ下丈の細めスカート】の組み合わせの次にオススメなのが【ロングカーディガン+シャツワンピース】というコーデです。
この組み合わせは(黒カーディガン+紺色シャツワンピ)など、カーディガンの色を濃い目・シャツワンピースの色を薄めにして取り入れましょう。
そうする事でIラインが作られて体型をカバーすることが出来、ぽっちゃりなのに可愛い雰囲気を作ることが可能となります。
カーディガンは袖がぴったりしないゆったり素材のものを選んでくださいね。

その3 腰が絞られていないAラインワンピース

腰にベルトやコルセットのあるウエストマーク付きのスカートはチョイぽちゃ程度の女子にはかなりオススメですが、デブだから…と思えるくらい体型に自信のないパパ活女子の場合、その服装はお肉でお腹周りがパンパンになるかなりのNG服となってしまいます。
ぽっちゃりしたパパ活女子がワンピースを着る場合、その2のシャツワンピを選ぶか裾やお腹部分で切り返しのあるタイプのAラインワンピースを選んでおくのがオススメです。

その4 露出は鎖骨まで!首元は出した方が痩せて見える

ぽっちゃりした女性は鎖骨を出し、首周りにゆとりがあるように見せた方がより痩せて見える効果があります。
シャツワンピースなどは首元が閉まっているものが多いので、ボタンを開けて首元を露出していきましょう。
ただし、胸の谷間が見えるほど露出をしてしまうと下品な感じが強くなり過ぎ、『デブに胸を出されても…』とパパを不快にさせてしまう可能性が高いです。
ぽっちゃり女子ほど露出はひざ下・鎖骨までにとどめ、細い所を見せて行くスタイルにしていきましょう。

その5 ぽっちゃりパパ活女子にオススメのファッションカラー一覧

ぽっちゃり女子にオススメのファッションカラーは収縮色・後退色と言われる
・黒
・紺(ネイビー)
・暗めの黄色
・カーキ色(濃いめの緑)
・ワインレッド
・濃いめの紫
・ブラウン

となっています。
紺×白の縦ストライプや黒×白の水玉柄を選び、夏の季節感を大事にしつつ着やせして見えるファッションをしていくのがオススメです。
ただし、カーディガンなどアウターを羽織る場合はインナーは白やオフホワイトにしてコントラストを出していくのが良いでしょう。

まとめ

同じぽっちゃりパパ活女子でも服装によってパパに「また会いたい!」と言われる確率は大きく変わります。
「デブだから…」と諦める前にぽっちゃり女子に似合うファッションを知り、自分に合うおしゃれをしてパパにアピールをしてみるところから始めましょう!