どうせ同じお小遣いを渡してデートをするなら気の利かないパパ活女子より気の利くパパ活女子とデートをしたいと思うパパは多いと思います。
せっかくお小遣いを渡してデートをしているのに、気の利かない対応ばかりされてはイライラしてものすごく損した気分になってしまいますよね…。
そこで、同じ女性目線だからこそ分かる『気が利く女性or気が利かない女性をデート前のメールやプロフィール文で見分ける方法』を3つ紹介していきます。

メール(LINE)・プロフィール文だけで分かる気が利かない女性の見分け方

その1 最初のメール(LINE)・プロフィール文の冒頭に○○が無い

パパがパパ活女子にネット上でデートのオファーを持ちかける際、ほとんどの場合はパパがパパ活女子のプロフィールを探し、気になった相手に自分から声をかけているかと思います。
その際、パパは思い思いの言葉でパパ活女子に声をかけているかと思いますが…例えばパパが「初めまして。プロフィールを見て気になって…」という風にメールを送った時、「初めまして!メールありがとうございます!」など、メール(LINE)の最初に“挨拶”のあるパパ活女子は気が利く女性である可能性が高いです。
逆に、先ほどのメールと同じ文章を送った時、「どこにいきますか?」や「条件はいくらですか?」など、挨拶なしで即用件のみを聞いてくる女性は気が利かない女性である可能性が高いです。
これはプロフィール文でも同じ。
プロフィール文の冒頭に『初めまして』などの挨拶が書かれていないパパ活女子は気が利かないパパ活女子である可能性が高いので、オファーを送るのは別の女性にしておいた方が良いでしょう。

その2  「何食べたい?」の質問をした時に…

パパ活をするパパなら1度はしているであろうこの質問。
この質問からも気が利く女性・気が利かない女性を見分けることは可能です。
パパの中にはパパ活女子を連れて行ってあげても良いお店の候補はいくつもあると思いますが、沢山の候補の中からオファーをしたパパ活女子が喜びそうなお店を探すのは大変ですし、そもそもまだ会ってもいない女性の好みを察するのはほぼ不可能かと思います。
ですから、この質問に「どこでも良いですよ」と返すパパ活女子は気が利かない女性として避けた方が無難です。
気の利くパパ活女子の場合、選ぶ側の大変さも察して「和食か鉄板焼きが良いです」や「さっぱりしたものを食べたいです」など、選択肢を狭めて候補を絞ってあげられます。
オファーをしたいパパ活女子が気の利くタイプの女性かどうか分からなかった場合、デート前にあえてこの質問をして見分けていくのも良いでしょう。

その3 言葉使いが汚い・敬語が出来ていない

ごく一部の例外を除き、パパ活をしているパパはパパ活女子より年上である事がほとんどかと思います。
にも関わらず、まだデートもしていない初対面以下の状態でパパに対して敬語が出来ていなかったり、言葉遣いの汚いパパ活女子は気が利かない女性である可能性が高いです。
なぜなら、年上のパパがその言葉遣いをされてどう思うかということを想像できていないから。
気が利く女性は相手の立場に立って物事を考えることが出来ますので、パパに限らず年上の男性には普通丁寧な言葉遣いをしているものです。
ですから、まだ初対面の他人であるパパからのメッセージに敬語無しの言葉を返してきたり、ラフすぎる対応をしてくるようでしたらデートには行かない方が良いでしょう。
この場合は気が利かないパパ活女子というだけならまだマシで、30分で勝手に帰る・デート中の態度が超事務的などいわゆる“地雷パパ活女子”とも呼ばれる悪徳パパ活女子である可能性が高いです。

まとめ

気が利かないパパ活女子とデートをするとパパの方が気を遣って損をした気分になってしまうでしょうし、パパ活女子の方も出来ることなら気遣いの相性が合うパパに出会いたいと思っています。
貴重な時間をお互い無駄にしないためにもデート前にこういった事もきちんと確かめておき、相性の合う相手に出会えるようにしていきましょう♡