パパ活や不倫といった大人の恋愛ではどうしても条件や性格が合わず、お別れをしたいと思う男性が出てくる事かと思います。
しかし、男性の中には女性が別れ話をしてきた瞬間
「別れるなら死んでやる!」
「今まであげた金を返せ!」
「別れるならP活(不倫)をバラす」
「お前(家族)に危害を加える」

など脅迫や恫喝を行い、脅しで別れを拒否しようとしてくる男性がいるかもしれません。
普通の恋愛に比べて内緒事が多い大人の恋愛で別れ話がこじれた場合、警察や弁護士に頼るのは難しいと感じる方も多いでしょう。
そこで、別れ話でパパや不倫相手から脅迫されてしまった時にオススメしたい警察や弁護士以外で出来る脅迫パパ(不倫相手)の対処法を3つ紹介していきます。

パパや不倫相手に別れ話をしたら脅迫されてしまった時の対処法

その1 向こうから嫌われるように仕向ける

まず、別れ話で脅迫してきたパパや不倫相手に出来る最も簡単な対処法として『相手から嫌われるように仕向ける』というものがあります。
例えば、「それじゃあ別れるのはやめるけど…別れたくないなら○○買ってくれるよね?」といったもの。
その他にも
・デートの時はわざとブス顔メイク(失敗メイク風の太眉・濃すぎるチークなど)をする
・デート中にパパとは関係の無い愚痴や悪口をいいまくる
・プレゼントやお小遣いをおねだりしまくる

など、一般的にNGだと言われる行動をとっていくのがオススメです。
ただし、パパや不倫相手の執着心が増えてしまうのを防ぐため連絡頻度だけはこれまで通りにしておきましょう。
当然パパや不倫相手は文句を言ってくるでしょうが、その時は「脅しちゃうぐらい私の事が好きなんでしょ?もう気は遣わなくていいと思って~…」など、“本性を現しただけ”という風を装って下さい。
相手にATM扱いされてる・下に扱われるようになったと思いこませ、愛想を尽かされるように振る舞うのがポイントです。

その2 同じことをやり返す

これは嫉妬心が強く束縛が激しいタイプの脅迫パパや不倫相手を持つ女性に特におすすめなのですが、自分がされている事をそのまま相手にやり返し、ウンザリさせて別れてもらうという手段も存在します。
束縛タイプのパパや不倫相手は他の男性と連絡を取るな・服や髪型は自分の言う通りにしろ・メールやLINEにはすぐ返信しろなどと自分では出来ないことを命令している事がほとんどですので、命令された事を同じような態度で強制してしまえばいいのです。
もちろんパパや不倫相手から文句を言われた場合は「死ぬよりは簡単でしょ!」「男なのに何でできないの!?」などとにかく上から目線で男女差別的な説教をヒステリックに繰り返し、男性をウンザリさせるようにして下さい。

その3 別れさせ屋を利用する

別れさせ屋とは、別れたい相手に囮となる異性の工作員などを接近させ、ターゲットの執着心をそちらに移させて別れ話がスムーズに進むよう手助けをしてくれるサービス会社の事です。
別れさせ屋の人達にとって、『不倫相手と別れたいから依頼する』という状況は決して珍しいものではありません。
警察や弁護士のように大事になる事はなく、秘密厳守で内密に関係を終わらせるお手伝いをしてくれます。
また、仕事として慣れている分ベテラン弁護士並のしっかりとしたヒアリングを行ってくれますし、これからどうすればいいのか・別れ話をするタイミングやポイント・向こうから別れ話をさせるプロセスなどもしっかりアドバイスしてくれます。
パパや不倫相手と今すぐにでも別れたい・自分が悪い状況にはしたくないといった事情を抱えている場合、こういった専門のプロを使う方法が一番オススメだと言えるでしょう。

まとめ

大人の恋愛で起こった別れ話のもつれは公的機関に頼りにくいため、脅迫を受け入れて別れたいパパや不倫相手とズルズル関係を続けてしまっている大人女子は多いです。
警察や弁護士以外にもこういった対処法がありますので、今回の記事も参考に別れ話も上手にできるパパ活女子を目指しましょう♡