オーストラリア人の男性とデートをする時に気をつけたい、オーストラリアのテーブルマナーやデート中のマナーを6つ紹介していきます。

外国人パパとのデートで注意したい国別テーブルマナー(オーストラリア編)

その1 オーストラリアでも“鼻すすり”は絶対NG!!

これは『外国人男性とのパパ活デートに必須!国別テーブルマナー(アメリカ編)』の記事でも紹介したのですが、アメリカだけでなくオーストラリアでも人前で鼻をすするのは重大なマナー違反であり、うっかりやってしまうとパパから一気に嫌われてしまいます。
ただし、その代わりオーストラリアではどんなに静かなところであっても思い切り鼻をかんで良いようですので、食事中に鼻をすすりそうになったらポケットティッシュかハンカチで軽く鼻をかみましょう。
日本だと鼻をかむ方がマナー違反にも見えますが…オーストラリア人のパパの前だけでは妥協するしかないようです。

その2 音を出してスープやドリンクを飲まない

これもアメリカのパパと同じなのですが、スープや飲み物を飲む際、ズズッと音を立ててすするような飲み方をしてはいけません。
『麺やスープをすすって食べる=美味しそうに食べている』というのは日本独自の文化であり、同じ箸文化である中国やシンガポールなどでもあまり馴染みが無いようです。
オーストラリア人のパパとデートをする時は火傷をしてでもすする音を立てないようにし、テーブルマナーの無い子だと勘違いされないよう気をつけておきましょう。

その3 店員さんを呼ぶ時は手を挙げて!

注文の時や何か用があって店員さんを呼びたい場合、普通の日本人なら「すみませーん!」と大きな声で店員さんを呼び出すことが多いでしょう。
しかし、オーストラリア人のパパから見るとこの行為はマナー違反であり、下品に見えてしまうそうです。
呼び出し用のボタンがある場合はそれを使えばいいのですが、無い場合は大声を出すのではなく手をあげて店員さんを呼ぶようにしておきましょう。

その4 年齢を聞いてはいけない

オーストラリアでは人の年齢を聞くのはかなりのマナー違反であり、オーストラリア人のパパにいつもの調子で年齢を聞いてしまうと下品な女の子だと思われてしまいます。
ですから、オーストラリア人のパパとおしゃべりをする時は年齢の話題を出さないようにしておきましょう。
どうしてもパパの年齢を知りたい場合、学生時代に流行った音楽や若い頃のニュースなどを聞き、デートの後にネットでその音楽やニュースを検索していく方がよさそうです。

その5 ファーストネームで相手を呼ぶ

オーストラリア人は初対面の異性が相手であっても比較的すぐに下の名前で呼び合うようになっています。
ですから、オーストラリア人のパパとデートをする時は必ず下のパパ活女子名を名乗り、ファーストネームでお互いを呼び合っているように見える関係を作っていくよう気を遣ってあげましょう。
※オーストラリア人のパパは日本のパパ以上に名前を大事にしています。
自己紹介の後に相手の名前を忘れたり、間違えてしまわないよう細心の注意を払って下さい!

その6 席でのタバコは絶対NG!

オーストラリアは日本以上に禁煙運動が激しい国であり、首都シドニーでは街の中だけでなくカフェやレストランなど他の人がいる場所全般でタバコを吸う事が出来ません。
そういった背景からオーストラリア人のパパは日本のパパ以上にタバコを吸う女性に忌避感を抱いており、デートの前に喫煙者である事を教えていたとしても席でタバコを吸われ始めるとかなりの不快感を抱くようになっています。
パパとデートをしている最中にタバコを吸いたくなった場合、トイレに行く時と同じで「すぐ戻るね」と言って席を離れ、決められた場所でタバコを吸って戻ってくる気遣いをしておきましょう。

まとめ

オーストラリアのテーブルマナーは一般的に教えられるテーブルマナーに近い物が多いのですが、それ以外の会話や振る舞いに独特なマナーが存在している事が多いです。
オーストラリア人のパパとお食事デートをする時は食事のマナーに加えて会話や立ち振る舞いに注意を払い、マナーの無いパパ活女子扱いされないよう気をつけていきたいものですね。