『【初デート編】パパ(年上男性)と何を話せばいいか分からない時に会話を盛り上げる方法』
『【2度目以降のデート編】パパ(年上男性)と何を話せばいいか分からない時に会話を盛り上げる方法』
『パパ(年上男性)との会話に困った時に使える便利な話題3つ』
の記事ではパパとのデート中にオススメしたい話題をいくつか紹介しましたが、パパ活にはどんなに話題に困っていても絶対にしてはいけないNG話題がいくつか存在しています。
うっかりパパを嫌な気持ちにさせないためにもデート中はパパとの会話に気を配り、NG話題に話がいかないよう注意をしておきましょう!

デートの雰囲気が最悪になるパパ活NG話題4つ

その1 他のパパの悪口

パパ活女子の中には前のパパとの関係を終えて今のパパとデートをしていたり、ウザパパ・キモパパなど最悪な地雷パパから逃げたくて新しいパパを探している最中という方もいるかと思います。
ですが、今デートをしているパパ相手に「前会ったパパは最悪で…」といった過去のパパの悪口を話すのは絶対やってはいけません。
パパ活をしている男性はパパ活女子に愛人ほどの一途さは求めていませんが、清純系の雰囲気を味わうためにもデート中は他の男の気配をさせないで欲しいと思っています。
そんなパパの前で他の男性の気配を濃厚に漂わせてしまうとパパをがっかりさせてしまいますし、性格ブスの女として距離をとられてしまう可能性が高いです。
他のパパの話はパパからどうしてもと言われた時だけ答えるようにし、他のパパに対する感想は今のパパに使っているホメ言葉を1つ落とした良いものだけ・別れた理由はパパの転勤などどちらかに非があるものではないようにしておいた方が良いでしょう。

その2 政治系ニュースの話題

パパとのデート中に政治や世界情勢に関係したニュースの話をされた場合、絶対に特定の政党や政治家・国を支持する、否定するといった意見を言ってはいけません。
スウェーデン人やドイツ人・フランス人など討論好きな国のパパなら話は変わってくるのですが、基本的に日本人のパパはパパ活女子に“自分とは違う意見”を求めておらず、うっかり“自分の意見に賛同する言葉”か“質問”以外の言葉をかけてしまうとパパ活女子を言い負かそうと議論という名の粗探しが始まってしまいやすいです。
パパがパパ活女子を自分の敵だと勘違いしやすい超デリケートな話題となっていますので、思うところがあっても知らないフリをして話題をそらし、「物知りですねー…!どうしてそんなに知ってるんですか?」という風に多少強引にでもパパをホメて別の話をしていくようにしておきましょう。

その3 宗教・スピリチュアルな話題

宗教の話は政治や国の話以上にデリケートであり、軽い気持ちで言った言葉がとんでもない解釈をされることもありますので絶対に話題にしてはいけません。
特に自分からこの話題を出してしまうと宗教勧誘だと勘違いされて警戒心をマックスまで引き上げられてしまいますし、そうでなくともちょっと危ない女性だとして敬遠されてしまうでしょう。
占いや風水といったスピリチュアルな話題もパパ目線だと宗教と同じに思われやすいので避けた方が無難です。

その4 暗い過去の話

パパはパパ活女子に対し、
・癒し
・笑い
・『自分は頼もしい男だ!』と感じる瞬間を味わわせてくれる事

の3つを求めている事がほとんどです。
ですから、もう変えようのない暗い過去の話や被害が大き過ぎる笑えない失敗談など自分ではどうしようもない話をされてしまうと非常に困ってしまい、癒しも笑いも自己承認欲求も満たせないデートをさせられたとしてパパがウンザリしてしまう可能性が高いです。
今困っている事を解決したいから悩み相談をする・パパに特別感を持ってもらうためにチラッと弱音を吐くなどという形ならパパに歓迎されやすいのですが、そうでないなら基本的に暗い話題は出さない方がいいでしょう。

まとめ

デートを重ねて仲良くなったパパ相手でもNG話題を出すと一気に険悪な雰囲気になってしまう可能性が高いですし、最悪の場合、そのデートを最後にパパとの関係が終わってしまうという可能性もあるでしょう。
パパ活デートの時はNG話題を避け、パパと盛り上がりやすい話題を選択しておしゃべりを楽しむようにしていきましょう!