年上男性であるパパはパパ活女子にアドバイスをするのが大好きなため、パパとのデートが盛り上がるようパパ活用の悩みをいくつかストックしているパパ活女子は多いです。
そこで、パパが楽しくアドバイスをする事が出来、場の雰囲気も重くならない悩み相談を3つ紹介していきます。

パパが『可愛い』と思うパパ活女子の悩み事3つ

その1 お父さんとケンカしちゃって…

家族に関する話題は個人のプライベートに深くかかわる事のため、話すだけでも『プライベートを教えるくらい信頼されている!』とパパから喜んでもらいやすく、好感度が上がりやすくなっています。
ですから、パパへの相談事がまだストックできていないパパ活女子はまず家族に関する悩み事を1つ作り、事前に実家で両親と暮らしているor単身赴任の父親が家に来ている事にするなどそれを話すことが出来る環境を整えていくのがオススメです。
パパのメイン層である40代以上のパパはパパ活女子と同じ位の年代の娘がいる事も多いため、架空の父親に関する悩み事を相談すれば父親目線で熱心なアドバイスをしてくれる事が多いでしょう。
悩み事の内容は『父親が自分の写真をLINEのアイコンにしているのを見てしまった』『父親の会社の部下が自分の顔を知っていた』『もう大人なのに門限を気にしてくる』など親馬鹿的で可愛らしいものにするとパパに『可愛い』と思われやすくなってきます。

その2  上司(先生)にプレゼントをしたいんだけど…

架空のものとはいえまだ家族の相談が出来るほどパパを信用出来ていない・嘘の家族設定を覚えている自信がないなどその1の相談事を使う事が出来ない場合、社会人のパパ活女子であれば男性の上司、大学生のパパ活女子なら先生などパパの年齢に近い目上の人間にプレゼントを渡すことを相談してみてください。
社会的に成功しているパパは部下や生徒など目下の人間を抱えている事が多いので、この相談なら『もしも自分だったら…』とアドバイスを考えやすいです。
『お世話になった上司が栄転する事になったからプレゼントを渡したい』『研究室の教授の誕生日が近くて…』など理由のあるプレゼントに悩んでいる様子を見せれば「俺だったらこういうものを渡すかな」など話を盛り上げることが出来ますし、律儀でマメな性格であることをアピールする事も出来るでしょう。
この相談をする時はついでに「○○さんだったら誕生日に何が欲しいですか?」と聞いておき、さりげなくパパの好みを探っておくのがオススメです。

その3 パパの趣味に関係がある相談

初デートなど比較的関係の浅いパパにもしやすいのがこの相談。
まずは事前にパパの好きな事や休日にしている事などを聞いておき、その後ちょっとした時に「そういえば、最近ちょっと悩み事があって…」とパパの趣味に関係がある相談を投げかけてみてください。
例えばゴルフが趣味のパパなら「最近ゴルフクラブを見に行ったんですけどどれが自分向けか分からなくて…」、グルメなパパなら「今度友達と美味しいお店を紹介しあう事になったんですけど…」という感じ。
この相談事なら悩み相談にかこつけて「だから、一緒に○○に行ってくれませんか?」と次のデートの約束を簡単におねだりすることが出来ますし、運が良ければ連れて行ってもらった先で思わぬプレゼントをしてもらえるかもしれません。
単発パパを継続パパに育てる手段としてもかなり有効となっていますので、パパの趣味や得意な事が分かり次第積極的に使っていくようにしていきましょう。

まとめ

パパ活において、悩み相談という行為はパパの好感度を一気に稼ぐテクニックになりえます。
パパは自分の良い所を再認識させてもらえるパパ活女子を好みやすい傾向がありますので、パパとの話題に困った時は今回の記事も参考に悩み相談を上手に使い、パパの “頼りになる男”という一面を引き出してあげてくださいね♪