パパ活女子の中には彼氏がいるけれどパパ活をしている、という方がそれなりにいるかと思います。
本来パパ活女子に彼氏がいても何の問題もないのですが、日本のパパは彼氏持ちのパパ活女子をあまり好まない傾向があり、パパ活相手のパパには彼氏のことを言わないのが一般的です。
そこで、パパに彼氏がいる事を上手に隠し、疑われないようにする方法を4つ紹介していきます。

パパ活女子が彼氏持ちである事を隠す方法4つ

その1 本当の誕生日は教えない!

パパはお気に入りのパパ活女子の誕生日をしっかりと覚えていてくれるため、誕生日当日にお祝いの電話やLINEをしてくる事が多いです。
ですが、誕生日は普通彼氏にお祝いしてもらうものですのでパパに本当の誕生日を教えているとこの日に電話やLINEが殺到してしまう事となり、連絡を返すことが出来ずパパから『もしかして彼氏といるのかな?』と疑われてしまいます。
パパに教える誕生日は自分とは全く関係の無い平日にし、『誕生日おめでとう!』という連絡にすぐ「ありがとう!」と返せるようにしておきましょう。
こういった連絡が出来るようにしておくとパパからサプライズでプレゼントがもらえたり、普段は出来ないおねだりが成功させやすくなってきます。
より豪華なプレゼントがもらえるよう、パパ活用の誕生日はパパの財布が緩みやすい夏冬のボーナス日周辺にしておくのがオススメです。

その2 連絡が遅い・時間が取れないのは忙しいから!

キャバクラや風俗など夜のお店慣れしたパパは平日の夜10時や休日の夜中などの時間に突然LINEやメールを送り、返信があるかどうかで彼氏の有無を見分けてくる場合があります。
これは、寝るには早い遅めの時間に連絡を送る事で“今彼氏といるかどうか”を確かめ、彼氏の有無を確実にしてしまうためです。
確かに彼氏の目の前で連絡を返すわけにはいきませんのでかなり性格が悪い見分け方だといえますね…。
そこで、パパ活女子がパパとデートをする時は必ず夜は別のバイトor資格の勉強をしているということを会話の端に匂わせておき、連絡が取りやすい時間をあらかじめ伝えるようにして下さい。
夜は忙しくて連絡を返せない事にしておけば先ほどの方法を使われても彼氏持ちである事を隠すことが出来ますし、デート代にならないスマホでの連絡を最小限にする事が可能となります。

その3 男兄弟(父親・親戚)と住んでいる事にしておく

実家暮らしで家に男兄弟がいる、東京に単身赴任になった父親と暮らしているなど彼氏の年齢に合わせた家族がいる事にしておけばうっかり彼氏とデートをしている姿を見られた時も安心です。
彼氏とのデート中は手を繋いでいる・腕を組んでいるなどラブラブな場合はちょっと苦しいですが、この嘘をついておくと比較的早い時間にも帰りやすくなりますし、自宅に興味を持たれにくくなりますのでパパ活の安全度が高まります。

その4  パパ活用のスマホを持つ

パパの中にはパパ活女子からもらった電話番号を使ってFacebookのアカウントを探したり、LINEのタイムラインを覗き見て彼氏の影を探してしまうちょっと困ったパパもいます。
特にLINEのタイムラインは普通の友達も見るものですし、普段の生活も分かるものですのでパパだけには隠したいパパ活女子も多いでしょう。
電話番号やLINEから個人情報や彼氏持ちがバレるのを防ぐには、パパ活用の2台目のスマホを持ってしまうのが一番早いです。
この方法を使うと彼氏の目の前でも堂々とスマホを使えるようになりますし、中身を見られても大丈夫になりますのでパパ活が彼氏にバレる危険性もグッと減らすことが出来ますよ♪
最近は格安のSIMなどを使えばかなり安く2台目のスマホを手に入れることが出来ますので、より安全にパパ活を楽しみたいパパ活女子にとってパパ活用のスマホは必須アイテムだと言えるでしょう。

まとめ

彼氏持ちのパパ活女子は彼氏にはパパを、パパには彼氏を隠してパパ活をしている人が多いです。
経済的に豊かで既に家族のいるパパの中には彼氏の相談にも乗りたいというパパも多いのですが、基本的にはパパには彼氏のことは言わず、他の男性の気配を隠してパパ活デートを楽しむことをオススメします。