パパ活には、女優やモデル並みに見た目が良いのに次のデートのお誘いが無く、継続パパや太パパを作る事が出来ないパパ活女子が存在します。
これだけ聞くとパパの要求する見た目のスペックが高すぎるだけだと感じるかもしれませんが、それとは逆に、見た目は普通なのにパパが何人もいて安定したパパ活ライフを送っているパパ活女子は多いです。
可愛いのに太パパを作れないパパ活女子にはある共通点があり、それが原因でパパから『次の子を探そう…』と思われているようでした。

可愛いのに上手にパパ活出来ないパパ活女子の特徴4つ

その1 嘘が下手で真面目すぎる

可愛いのに決まったパパが出来ないパパ活女子は真面目すぎる性格をしている事が多く、パパの冗談に学級委員長のような真面目な批判を返したり、ジョークに対してボケ殺しのような反応を返してしまっている事がほとんどです。
また、上手に嘘をつく事が出来ずパパに対して夢の無い暗い話をしてしまうパパ活女子も可愛さを生かすことが出来ません。
真面目で嘘がつけない可愛い女の子というのは普通であればそれだけでモテモテになれるものなのですが、パパ活においては『ノリが悪い』『楽しくない』とウケが悪く、1回~2回のデートで切られてしまう事が多いのです。

その2 「いや」「でも」から言葉を始める

これはその1の“真面目すぎる”という特徴にも通じるのですが、パパが「~だろ?」といった言葉を言った時、「いや」「でも」といった言葉を最初に返しているパパ活女子は可愛いのにパパ活が出来ていないことが多いです。
こういった言葉はたとえ無意識に言っていたとしてもパパから『否定された!』と感じられ、パパがそれ以降のアドバイスをしにくくなってしまいます。
“アドバイスを誘う”という行為はそれだけでパパの好感度を上げられるかなり便利なテクニックとなっていますので、それが出来ないとパパ活はかなり厳しいものとなるでしょう。
パパ活をしている太パパは見た目が可愛い女の子をプロの世界で見慣れている事が多いので、顔が好みというだけで2回目のデートに誘う事はありません。
むしろ、美人を見慣れている分素直な普通女子に惹かれやすい傾向があると言えるでしょう。

その3 腕を組んで話をしている

腕組みは目の前の人間を正面から拒絶している事を表し、パパと打ち解ける気はないということを無意識に示す仕草ですので絶対にやってはいけません。
また、腕組みをすると身体の構造的にあごが上がるようになっており、目の前の男性を見下すような目線で見てしまう事になりますのでパパをイライラさせてしまいます。
可愛いのにパパが出来ないというパパ活女子は無意識にこの癖をやってしまっている方が多いので、自分に腕組みの癖が無いか必ずチェックをしておきましょう。

その4 自分からは何もしない

可愛いのにパパが出来ないというパパ活女子はパパが『どこに行きたい?』と言っているのに『どこでも良いです』と言っていたり、自分からは一切話題を提供しない・質問もしないなど自分からは何もしないお姫様タイプの女性である事が多いです。
ルックスが普通またはそれ以下の女の子はそういった事をしていると友達が減ってしまったり、ちょっとキツめな性格の人から「それは無いんじゃない?」と言われたりして自分の悪いところに気がつく事が出来ます。
ですが、ルックスが良い女の子は男性から世話を焼いてもらいやすいため、気の利かない事をしていても問題なく物事が回って欠点に気がつきにくいのです。

まとめ

パパ活では見た目の良さよりもパパを楽しませるコミュニケーション能力が重要になってきますので、パパ活向きでない美女よりパパ活向きの性格をした普通女子が好まれやすく、安定したパパ活ライフを送りやすくなっています。
パパを楽しい気分にさせる性格美人を目指し、夢を叶えられるパパ活女子を目指しましょう♡