パパ活に最も似ているものとして、ラウンジやキャバクラで働くキャバクラ嬢の人達をイメージする人は結構多いです。
そこで、キャバクラとパパ活の特徴をあげ、どっちがより稼げるかを比較してみようと思います

キャバクラとパパ活の違いは?

お仕事比較!キャバクラとパパ活どっちが稼げる?
まず、キャバクラとパパ活の大きな違いとして
・仕事をする場所
・仕事中の服装
・お金の分配
・自分の位置が目に見える

の4つが挙げられます
キャバクラは必ず店の中でお客となる男性とデートをする事になりますが、パパ活は自分やパパが決めたお店でデートをする事になりますね。
デートの時の服装もキャバ嬢はドレスやヘアメイクがしっかりとされた華美で派手な見た目の女性が評価され、パパ活女子は普段着で黒髪など清楚で少し地味な見た目の女性に評価が集まる事が多いです。
そして、キャバクラはお店側が男性にお金を請求して代金をしっかりと払ってもらう代わり、キャバ嬢とお店でそのお金を分け合う決まりがあります。
パパ活ではパパ活女子自身がお客となったパパから代金をもらわなければなりませんが、もらったお金は全てパパ活女子のもので値段の設定も自由です。
また、キャバクラにはノルマやナンバーがある所も多いので『今、自分は店の中で何番目の女性なのか』というのを数字で判断することが出来ます。
店内で高い評価を受けている女性は後輩や他の女性達から頼られる事が多いです。
パパ活の場合、パパ活女子が目指すのはオンリーワンの存在です。
同じ仕事をしている女性を探すこと自体がご法度ですので他の女性と比べられる事はありません。

キャバクラに向いている女性・パパ活に向いている女性の違いは?

お仕事比較!キャバクラとパパ活どっちが稼げる?
【キャバクラに向いている女性】
・バッチリヘアメイク、ドレス、ゴージャスな飾りつけなど派手な雰囲気が好き!
・世話好きで人に頼られるのが好き
・オンリーワンよりナンバーワン!タイプ
・スポーツ競技やゲームなど勝ち負けや順位のつく遊びが好き
【パパ活に向いている女性】
・清楚系ヘアメイクや初デート風ファッションなどちょっと地味めで女性らしい雰囲気が好き!
・何でも自分で決めたい、女性よりも男性の方が話しやすい
・ナンバーワンよりオンリーワン!
・黙々と1人でやるタイプの遊びが好き

キャバクラとパパ活、「どっちが稼げる?」と迷ったら

キャバクラとパパ活の相場を見比べてみたところ、東京のキャバクラは時給2500円~3000円が平均相場となっており、同じく東京のパパ活相場はお食事1回1万円(約2時間)となっています。
ですから、時給換算だとパパ活の方に軍配が上がりますね。
ただし、キャバクラは平均して6~8時間くらいの勤務になる事が多く、時給2500円6時間勤務でも1日1万5000円を稼ぐことが可能です。
さらに、キャバクラ男性客から人気が出ると交渉なしで収入を上げることが出来ますのでパパ活の方が絶対有利!と断言するのはまだ早いです。
それぞれの嬉しいところ・ちょっと困るところを上げるとすると
【キャバクラ】
・お小遣い下さい!と男性に直接言わなくていい
・支払いが法律で義務化されている
・お給料アップに交渉はいらない、収入は実力次第
・ドレス代、ヘアメイク代、アクセサリー代などにお金がかかる

【パパ活】
・稼いだお金は全部自分のもの
・好きな時間、好きなペース、好きな値段で働ける
・働き方自由。交渉力次第でいくらでも時給アップが狙える
・お小遣いはパパの好意。法律で支払いが義務化されているわけではない
といった所でしょうか?
「どっちが稼げる?」と迷ったらこの特徴や違いを見て自分に向いていると思う方を選びましょう。

まとめ

『似ている』と言われる事の多いパパ活とキャバクラですが、2つには様々な違いがあります。
ですから、「キャバクラとパパ活どっちが稼げる?」という問題の答えは『向いている方』というものになりました。
パパ活やキャバクラ勤務に興味のある女性はまず自分がどちらに向いているタイプかをよく考え、それに合った働き方をしてみましょう♪