パパ活でお食事デートや買い物デートを行う際、最も大切なのは【パパ活女子が最低限の礼儀やマナーを守ること】となっています。
しかし、“最低限の礼儀やマナー”というのは人によって異なるもですのでどこまでが最低限の礼儀・マナーなのか分からないというパパ活女子も多いでしょう。
太パパの言う “最低限の礼儀・マナー”は一般的にどういったものを指しているのかを知り、パパのお眼鏡にかなうパパ活女子を目指しましょう♡

太パパが言う「最低限の礼儀・マナーがあるパパ活女子」ってどんな女性?

その1 TPOに合わせた服装で来てくれる

太パパが気にするパパ活女子の最低限のマナー・礼儀6つ(前編)
経済的に余裕のある太パパは待ち合わせ場所として高級ホテルのロビーやラウンジなどカジュアルな服装では行けない場所を好みやすく、こういった場所にマッチした服装で来てくれるパパ活女子を求めています。
デートクラブなどコンシェルジュを通してパパ活のセッティングが行われるパパ活の場はデート前に連れて行きたいお店などを教えることが出来ない事が多いです。
ですから、パパは連れて行きたいお店の雰囲気を待ち合わせ場所で何となく伝え、「この待ち合わせ場所の雰囲気に合わせた服装なら浮かないよ!」と伝える気遣いを見せてくれています。
しかし、パパ活女子がその意図を察する事が出来ずにカジュアル過ぎる服装やセクシー過ぎる服装で来てしまうと『TPOに合わせることが出来ない女性』としてパパをがっかりさせてしまうでしょう。
待ち合わせ場所だけでなくデートで向かうお店の名前や場所を伝えられている場合、そちらの方に合わせて服装を考えるべきです。
太パパとデートをする時は待ち合わせ場所またはデート先に合わせた服を選び、TPOを気にする事が出来るパパ活女子だとアピールしていきましょう!

その2 挨拶がしっかりできる

太パパが気にするパパ活女子の最低限のマナー・礼儀6つ(前編)
太パパは経営者・医者・弁護士など社会のルールや常識を重要視しなければならない職業に就いている事が多いので、それを守る事の出来ない人間に良い印象を抱く事はありません。
太パパ達が『目の前の女性は社会常識やルールが分かる女性だろうか?』と思った時、真っ先に確かめるのは“挨拶ができるか”という点となっています。
挨拶は世界共通のルールであり、社会常識の基本となる行動です。
これが出来ないパパ活女子はその他の社会的な常識も身についておらず、金銭的支援を求めるにはまだ幼すぎると判断されて次回以降のパパ活を断られてしまいがちとなっています。
また、挨拶はコミュニケーションの基本でもありますので挨拶の出来ないパパ活女子はパパ活に必要なコミュニケーション能力が身についておらず、謙虚さが足りない女性だと判断される事もあるでしょう。
そういった誤解を防ぐため、パパ活女子は初デートの際
・「初めまして!お会いできてうれしいです」
・「いただきます」
・「ごちそうさまでした」
・「ありがとうございます」
・「すみません」

の5つのワードを絶対に忘れないようにしていきましょう。

その3 敬語が使える

太パパは
【パパ活女子が敬語を使って自分に話しかけてくれる=自分を敬ってくれる・尊敬してくれている】
と思っている事がほとんどであり、自分に対して敬語を使わない女性を敬意が無い女性だとして避けていく事がほとんどです。
また、日本では目上の人間に必ず敬語を使うよう教えられるものですので、そういった教育が行き届いているかを見るためにパパ活女子が敬語を使える女性かどうかチェックすることがかなり多くなっています。
もちろん尊敬語や謙譲語などを網羅した正しい敬語であればあるほど好感度が上がるのですが、重要なのは“ですます調で話すなど敬語を使おうとしている事”ですのでそこまで身構える事は無いでしょう。
太パパとお食事デートやお買い物デートに行く時はパパからお許しが出ない限り絶対に敬語を崩さないようにし、極力尊敬語や謙譲語の間違いが無いよう気を配っていきましょう。
→パパ活女子の常識問題守れてる?
『太パパが気にするパパ活女子の最低限のマナー・礼儀6つ(後編)』に続く