パパ活女子にセクシーランジェリーを着てもらうスマートなお願いのコツ』の記事ではパパ活女子や大人女子にセクシーランジェリーを着てもらう方法を紹介していきましたが、パパ活女子や大人女子に「これを着て!」とお願いしたいものがある場合、それで相手が引いてしまわないか気になる場合もあると思います。

そこで、パパ活女子や大人女子が年上男性に「これを着て!」と言われても引きにくいセクシーランジェリーの特徴や選び方などを紹介していきます。

女性がセクシーランジェリーのリクエストを嫌がる理由は?

大人の恋愛を楽しむ女性が男性からのセクシーランジェリーのリクエストを断る理由は『この人はエッチ出来れば誰でもいいのでは?』という不安を抱えているからです。

大人の恋愛を楽しむ女性に限らず、女性は自分を性の道具扱いする男性に恐怖と嫌悪感を覚えます。

パパ活女子など大人の恋愛を楽しむ男性はまずこの事を念頭に置き、その上でセクシーランジェリーを選ぶようにしていきましょう。

女性が引かないセクシーランジェリーの選び方とは?

その1 局部が丸出しにならないものを選ぶ

大人女子やパパ活女子など大人の女性と一緒にセクシーランジェリーを選ぶ時は、

  • 局部が丸出しになっている股割れ&穴あきショーツ
  • Oバック
  • 乳首部分が丸出しになっているタイプのセクシーランジェリー

といった際どい部分が丸出しになっているセクシーランジェリーばかりを選んでしまわないようにしていきましょう。

複数の候補の1着にそういったものが入っているくらいなら問題ないのですが、そういったものばかりを選んでいると女性が『この人“そういうところ”にしか興味が無いのかな…?』と感じてしまい、結果ドン引きしてしまいます。

その2 女性が引かないセクシーランジェリーの特徴

初めてセクシーランジェリーを着る女性でも比較的受け入れやすく、男性が選んでも引かないセクシーランジェリーの特徴をあげるとすると

  • ベビードール(局部が丸出しにならないもの。ちょっと透けるくらいならOK)
  • Tバック
  • モノキニ風など流行の水着をセクシーランジェリー調に改造したもの
  • コスプレ風セクシーランジェリー

の主に4種類が挙げられます。

これらのセクシーランジェリーはファッション的な要素もあり、『自分から着ようとは思わないけど実はちょっとだけ興味があるもの』にカテゴライズされやすい下着となっているからです。

男性側がノリノリであるようにさえしていれば女性も『しょうがないなぁ』という体で興味津々に着てくれる事がほとんどでしょう。

その3 選ぶ時の『君じゃないとダメ!』の態度が大事

前述したとおり、大人の恋愛を楽しむ女性は男性に対して常に『実はエッチできれば誰でもいいんじゃ…』という不安を抱えています。

ですから、セクシーランジェリーを選ぶ時は「これエロい!これ着て!」ではなく「○○ちゃんは○○(肌が白い、ピンクが似合うなど性的なものでないホメ言葉)だからこれなんかすごく似合いそうだね」と言う風に“君だから”という態度を見せ、女性に不安を感じさせないようにしていきましょう。

パパ活女子にセクシーランジェリーを着てもらうスマートなお願いのコツ』でも紹介した通り、この時【着るor着ない】の選択肢を女性に押し付けない事が重要です。

『NG級のセクシーランジェリーを着て欲しい!』という場合

ここまでパパ活女子や大人女子にドン引きされないセクシーランジェリーの選び方を紹介していきましたが、男性の中には

  • 局部が丸出し
  • ボンテージ(またはSM風セクシーランジェリー)
  • 全身網タイツなどフェチ系セクシーランジェリー

など基本的にはNGとなるセクシーランジェリーを女性に着て欲しくてこの記事をご覧になった方もいるかもしれません。

そういった場合はまず先ほど紹介した比較的受け入れてもらいやすいセクシーランジェリーを着てもらうところから始め、女性を“慣らす”事から始めることをオススメします。

残念ながら、ある程度の信頼関係が出来なければこういったセクシーランジェリーを受け入れてもらえることはありません。

風俗などプロの女性が笑顔でこういったセクシーランジェリーを着てくれるのは国の法律やお店に守られているからなのです。

まとめ

パパ活女子や大人女子は非日常的でファッショナブルなものに興味がある女性が多いため、選び方や頼み方さえ間違えなければセクシーランジェリーを着てもらうのはそこまで難しいことではありません。

なぜ女性がセクシーランジェリーを嫌がるのかをきちんと理解し、経験のない大人女子でも受け入れやすいセクシーランジェリーの特徴を覚え、じっくり責められる余裕を持って行きましょう♡