自分より身長の低いパパがデートに来てしまったときの対処方法4つ

身長160代のちょっと背の高い女性がパパ活女子としてP活をしている場合、たまに自分よりも背の低い男性がデートにやってきてしまう場合があります。

この場合、どんなふうにデートをすればいいのか分からずちょっと困ってしまいますよね…。

そこで、自分より身長の低いパパがデートに来てしまったときの対処方法を4つ紹介していきます。

自分より身長の低いパパがデートに来てしまったときの対処方法

その1 身長の事に触れない!普通に扱う

自分より身長が低い男性がデートに着てしまった場合、一番いいのは身長の事に触れず普通の男性と全く同じように扱う事です。

身長は他のコンプレックスと違って対処法がない分他のコンプレックスより重く考えられがちですので、P活場合はあえて身長の事に触れず、全く気にしない状態でパパを楽しませるのが一番の理想となっています。

「小さくて可愛い」などパパ活女子の方から身長をいじるのは論外ですが、そうでない場合もパパの方から身長の話題を出してこない限りパパが自分より背が低い事を言及しないようにしておきましょう。

その2 「背が低いから…」の上手な返し方

身長の事に触れないのが1番といえ、パパの中には自分から「背が低いから…」と卑屈な話題を出し、パパ活女子側が対応に困ってしまう場合があるでしょう。

「背が低いからモテなくて…」など、パパが身長に関する卑屈な事を言い出した場合パパ活女子にオススメしたい返し方は「そんな事ないですよー!」と否定し、他の部分を褒めるというものになっています。

これは太っている・不細工・ハゲなど他のコンプレックスを持つ男性にも使える返し方なのですが、卑屈な返し方をされたらまずは相手が期待している通り「そんな事ないですよ!」と返し、その男性の別の部分を褒めて話題を変えてしまうのです。

背が小さい男性はそのコンプレックスを克服しようと身体を鍛えていたり、女性への気遣いに気を配っていたりする事が多いのでその辺りを褒めてあげるといいでしょう。

その3 チビ系の自虐ギャグには笑って『でも、○○でしょ?』

背の低い男性は『俺小さいから小回りがきいて…』など返しに困る自虐ギャグを飛ばしてくる事があります。

こういった自虐ギャグは笑っていいのか分からず困ってしまうものですが…こんな時パパ活女子にオススメ出来る返し方はまず笑い、それから『でも、○○でしょ?』と言ってその2と同じく他の部分を褒め、ギャグに乗りつつコンプレックスを否定してあげるというものです。

この場合パパはパパ活女子に笑って欲しくて自虐ギャグを言っているわけですから、上手な返し方が思いつかなくても普通のギャグと同じようにケラケラと笑うのが一番重要となっています。

ただし、卑屈パターンと違って真面目に返し過ぎるとノリが悪い子だと内心がっかりされてしまう事もあるのでシリアスすぎるトーンで『でも、○○ですから…』と言ってしまわないように気を付けましょう。

その4 “段差”を利用する対処方法も!

自分より身長の低いパパがP活にやってきてしまった場合、お店に行くまでの段差を利用して出来るだけそれを感じさせないようにするという対処方法も存在しています。

お店に行くまでにエスカレーターや階段があったらさりげなくパパより一段低い場所に乗り、パパがパパ活女子を見上げながら会話する時間を減らしてしまうのです。

下りのエスカレーターや階段の場合は逆に一段早く乗って自分の目線を下げてしまいましょう。

お店に着いて座ってさえしまえば身長差はそこまで気にならなくなりますから、歩き方を変えるだけでも低身長の男性をキュンとさせる事が出来るんです。

まとめ

P活にオススメのヒールは5cm~8cmのものとなっていますが、身長162cmのパパ活女子が8cmのヒールを履くと日本人男性の平均身長である170cmにすぐに届いてしまいます。

身長が低いパパは身長コンプレックスが強い場合もありますので、知識として背の低いパパの扱いを知っておくのは非常に重要な事なのです。

男性が持ちがちなコンプレックスの対処方法を知るとP活の難易度がぐっと下がってきますので、男性に自信を持ってもらえるパパ活女子を目指してみるのもアリですよ♡