P活アプリにはVIP会員として年収1000万円以上のセレブパパが数多く存在していますが、そういったセレブパパの中にはニセモノも多く、出会い系の指南サイトなどでも『金持ちのフリをして○○をする方法』といった年収を偽る手口が数多く紹介されています。
そこで、最近経済的に余裕があるふりをしてP活女子を騙そうとする地雷パパに流行中の年収詐欺の方法を3つ紹介していきます。

P活アプリの地雷パパがお金持ちのフリをする方法3つ

その1 過去の収入証明書を使う

P活アプリのセレブパパとば運営会社に収入証明書を提出して自身の年収をアプリが保証している特別なパパの事を指しています。
しかし、この時P活アプリ側が要求するのは前年度など過去の収入証明書となっていますので、地雷パパが昔は経済的に余裕があったという人物であった場合、過去の収入証明書を使えば年収1000万円オーバーのセレブパパのフリが出来てしまうのです。
例えば今は年収500万円の普通男性が過去年収1000万円オーバーの外資系企業に1年だけ勤め、その後クビになった過去があったという場合。
この場合この男性が年収1000万円だった頃の源泉徴収票などを持っていれば証明できてしまいますし、アプリの運営側も騙されてしまう形になります。
こうなると本当は年収500万円なのに年収1000万円のセレブパパである事を保証されてしまい、パパは好き勝手にパパ活女子を選ぶことが出来ますね…。
運悪くこのパパに見初められたパパ活女子は経済的に余裕のない男性とP活をする羽目になってしまい、無駄な時間を使ってしまうこととなります。

その2 どんな職業で稼いでいるかを言わない

P活アプリは所得証明書から分かる収入の金額や本人との名前の一致などはしっかりと確認してくれますが、
・その会社が暴力団関係者と関連がないかどうか
・違法な活動をしている会社ではないか
・反社会的な活動をしている団体と関わりが無いか

などパパ本人の安全に繋がる身元のチェックまでは行ってくれない事がほとんどです。
詐欺や違法業者に関係する仕事など真っ当な職業よりも遥かに不安定な職業で稼いでいるにも関わらず、P活アプリから太い良パパだと保証されてP活女子をゆっくりと選ぶ黒い人は多いのだとか…。
こういった黒い人達はP活女子を詐欺にかけてお金を騙し取る事が目的だったり、自分の関連会社である違法な風俗店などに女性をスカウトするのが目的であったりするため女性を支援する気はありません。
収入自体は確かに本物ではありますが、その1の手口を使う地雷パパよりも遥かに太パパと呼べない人物です。

その3 アリバイ会社を利用した偽造書類を利用している場合も…

世の中には、実在する会社で高給を得ているかのようなニセモノの収入証明書を作ってくれるアリバイ会社というものが存在しています。
これは本来水商売・風俗・個人事業主など所得はあるのに社会的信用が乏しい職業に就いている人が保育園や高級賃貸などの審査を通過するために利用するサービスで、職業差別を受けがちな人間の受け皿として人気のサービスとなっているのですが…
このアリバイ会社が作ってくれる収入証明書の年収や勤続年数などは自由自在となっているので、このサービスを利用して嘘の収入証明を作成し、それをP活アプリ側に郵送してお金持ちのフリをする地雷パパが最近出てきているようです。
アリバイ会社自体は利用者のアリバイを作るために実在しており、専門知識がなければそうだと見破ることは出来ません。
この方法だとフリーターや無職の男性でも企業幹部など社会的地位のある人間のフリが出来てしまうので、初心者P活女子がニセモノのパパだと見破るのは困難となってしまうでしょう。

まとめ

P活アプリの中には『サイトの情報と実際のパパが違うように見えるかもしれない』『P活女子は選ばれる立場だから仕方がない』という風に地雷パパの行動を受け入れているかのような文章を小さく載せている所もあります。
太パパのフリをする年収詐欺の地雷パパに引っかかってしまわないためにも詐欺の手口はしっかり学び、いざという時に嘘つきパパを見破れるようにしておきましょう!