最近、当サイト『デートウォーカー』に
「P活サイトのパパから『遠隔出来る?』って聞かれたけど遠隔って何ですか?」
「ちょっと前から遠隔P活に誘われているのですが稼げるか分からないので不安です…」
「遠隔P活って何ですか?詐欺?」
といった“遠隔P活”に関する質問が寄せられています。
今回はその疑問にお答えするため、遠隔P活という新しいタイプのP活について調査をしてきました。

パパと会わないP活!?最近話題の“遠隔P活”について

遠隔P活とは

遠隔P活とは、主にP活アプリやP活サイトなどで流行中の『パパと会わないP活』の事を指しています。
遠隔P活のやり方はまずパパ側が地方のP活女子に遠隔P活を持ちかけて連絡先を交換し、
・電話
・ビデオ通話
・Skypeなどでカメラを通して話す
・P活アプリのチャット機能

といったネット上でのやり取りでパパと楽しくお話をしてお小遣いをもらうというのが主流となっているようです。
気になるお小遣いの貰い方ですが、口座振り込みかAmazonなどのギフト券IDが送られてくる事が多くなっているようでした。

遠隔P活のメリット

田舎に住むP活女子が良いパパをゲットするには同じ地方にいるパパを見つけて遠出をする必要が出てきてしまうため、都会のP活女子より交通費がかかり、時間もかかってしまいます。
しかし、遠隔P活なら全国のパパとすぐにでもP活を始めることが出来るので交通費もかからず、P活のためにあちこち移動する必要もありません。
また、パパと直接会うわけではないので身の危険が全くなく、身体の関係などを強制されるリスクが無いのもメリットだと言えるでしょう。

遠隔P活のデメリット

どこからでもP活が出来て便利な遠隔P活ですが、やはりまだ流行り始めのP活形態であるせいかやっているパパの数自体が少なく、持ちかけられる事があまりないのがデメリットだと言えるでしょう。
今はP活流行の影響でP活をする女子が多いため、自分のテリトリー外のP活女子に興味を持ったパパしか遠隔P活をする必要が無いのがネックです。
相場も何時間話しても1回5000円など安く、あまり稼げないのが現状です。
また、遠隔P活でもらうお小遣いは後払いになりますので、その関係上P活やり逃げや詐欺といった行為が横行しているのだそう。

遠隔P活は詐欺の温床?

遠隔P活で一番多い詐欺被害は、会話をするだけしてお小遣いを払わないパパのP活やり逃げとなっています。
ヤリモクパパと同じベクトルで遠隔P活の会話中に『お金が欲しかったら裸の写真を送って!』『カメラの目の前でエッチな事をして見せて!』といった無茶な要求をし、それが通らなければお金を払わず消えてしまい、通ってもブロックして約束のお小遣いを支払わないといった行為もかなり多いようです。
また、会話を通してネットワークビジネスや投資詐欺などに誘導し、本物の詐欺を行う男性も存在しているようでした。
さらに、高い金額で会う約束をにおわせてP活女子の時間を長々と会話で潰し、冷やかしや暇つぶしを目的に遠隔P活を持ちかける不届き者なパパもかなり多いようです。

上手な遠隔P活のやり方は?

調査の結果、上手な遠隔P活のやり方としてオススメできるのは
1出張族のパパから提案された遠隔P活のみを受ける
2遠隔P活はパパが自分のいる地方に出張してくるまでの“繋ぎ”。会話では出張の時期を聞いて実際に会ってP活をする約束を必ず取り付ける
3口座振り込みはNG。ギフト券IDでのお小遣いかコンビニ受け取りを利用した通販での現物プレゼントをお願いし、やり逃げ対策としてパパのIDやプロフィールなどを控えておく
というものになっていました。
自宅からでも手軽に出来るのが魅力の遠隔P活ですが、安全確実にお小遣いを稼ぐにはそれなりのテクニックと対策が必要不可欠といえるようです。

まとめ

太パパの数は東京など都会の方が多いため、遠隔P活は地方のP活女子が出張族のパパを捕まえる手段としてはある程度有効だと感じました。
しかし、遠隔P活はまだまだ仕組みが整っておらず、パパのやり逃げや詐欺などP活女子にとって避けたい事態の温床になっているのも確かです。
初心者P活女子の内は遠隔P活を持ちかけられてもとりあえずお断りの方向で動き、P活に慣れて“お試し”でも自分の魅力を伝えられるようになってからチャレンジしてみることをオススメします。