最近P活アプリやSNSでの事件が相次ぎ、デートクラブに興味を持つパパが増えてきています。
しかし、P活アプリやSNSに比べるとデートクラブは知名度が低く、入会までの手順も少し違いますのでハードルが高く感じられ、『どうすればいいか分からないからやめておこう…』とついついなってしまいがちです。
そこで、P活をしたい男性がデートクラブに入会する時の流れや入会方法を紹介していきます。

P活男性がデートクラブに入会するまでの流れ

その1 仮申し込みをする

デートクラブに入会したいという場合、まずは自分に合ったデートクラブを選び、そのデートクラブのホームページにアクセスして入会の申し込みをする事になります。
入会申し込みは[入会の仮申し込み]または[お問い合わせ]といったページからする事が出来ますので、まずはこのページにアクセスして必要事項を全て埋め、送信ボタンを押して下さい。
いちいち記入するのが面倒だという場合はデートクラブのホームページに書かれている電話番号に電話をし、直接申し込んでも構いません。
電話で直接仮申し込みをするとその1とその2でメールの返信などを待つ必要がなく、時間と手間を節約することが出来ますよ。

その2 電話で面接日時を決める

その1で仮申し込みが終わったら、メールの受信確認があった後電話を希望した時間帯にデートクラブ側から電話がかかってきます。
この電話は面接の日時を決めるためのものですので、担当の人間に自分の都合が良い日を告げ、何日の何時から面接をしたいのか伝えて下さい。
この時に担当の人間から面接で持ってきて欲しい物(顔写真付きの身分証明書や収入証明書など。デートクラブによって違いがあります)を説明してもらえますので、当日はそれを忘れないよう気をつけておいてくださいね。

その3 面接

面接当日はデートクラブのオフィスで担当の人間と直接会い、システムの説明や雑談を交えての面接が行われます。
男性の審査基準は
・身元がハッキリとしているか
・暴力団関係者など違法な団体との繋がりは無いか
・入会費やセッティング料などを支払える男性か
・デートクラブのコンセプトや規約に反した事をしそうでないか

など“信頼性”に関わる部分が大半となっていますので女性ほど厳しくはありません。
デートクラブ側からお願いされた身分証明書などをキチンと持参していれば、担当の人間やアルバムに載っている女性会員に対して口汚い暴言を吐くなどよほどの失礼をしない限り問題なく通過できます。
参考記事→『【男性編】デートクラブの面接で聞かれる事と印象の良い答え方は?
その4 入会申込用紙の記入をする
システム説明や女性会員のアルバム見せを通して担当の人間が面接の合格を決めた場合、男性は入会申し込み用紙をもらう事が出来ます。
もらった入会申し込み用紙に名前や職業・年収や好きな女性のタイプなどを書き、身分証明書などと一緒に担当の人間に渡しましょう。

その5 入会金の支払いをする

申込書に書かれている内容と身分証明書などの書類に間違いがないと確認できたら、担当の人間に入会金を支払います。
これは基本的に現金で支払うものですが、面談後に銀行振込という形でも構いません。
この時に払う金額はデートクラブによっては入会金+初回セッティング料の場合もありますので、あらかじめ多めに持ってきておくか事前に確認をしておきましょう。

その6 会員用のIDとパスワードを受け取る

担当の人間に料金を支払ったら入会完了です。
オフィスから帰り、デートクラブからの連絡を待ちましょう。
早ければ面談が終わったその日、遅くとも入金確認が取れる数日後までにはデートクラブの運営から会員用のIDとデートクラブを利用するためのパスワードが送られてきます。
あとはこのIDとパスワードを使ってデートクラブの会員専用ページにアクセスし、コンシェルジュさんとやり取りしながら会いたい女性を選ぶだけです。

まとめ

デートクラブは最初こそP活アプリやSNSよりも手間がかかってしまいますが、その後は面倒なアプローチに時間を使うこともなく、コンシェルジュさんと相談しながら自分の希望に合ったP活女子と出会うことが出来るようになっています。
時間と手間を節約し、量より質のP活をしたい男性にはデートクラブがピッタリだといえるでしょう。
自分に合ったデートクラブで理想のP活ライフを始めてみて下さいね♡