P活をしているパパはどちらかというと育ちの良さが感じられ、支援のし甲斐がある普通の女性を好みます。
ですから、パパ受けの良いパパ活女子になりたい場合はパパから『育ちが悪いな…』と思われる事なくP活デートをしていく方がいいでしょう。
そこで、パパがパパ活女子に対して『育ちが悪いな…』と思ってしまうNG行動を5つ紹介していきます。

育ちが悪いと思われてしまうP活女子の特徴5つ

その1 待ち合わせ場所で…

待ち合わせの時点でパパから『育ちが悪いな…』と思われてしまうパパ活女子の特徴として、挨拶が出来ない・お金の受け取り方が悪いというものがあります。
挨拶が出来ないというのは言葉の通りパパと合流した直後に「初めまして」といった言葉を出さないということで、これが無い女性に不愛想で事務的なイメージを抱いてしまうパパはかなり多いです。
また、P活のデート代を受け取る時に封筒を片手で受け取ったり、ひったくるように取ってすぐに中身を確認するのも育ちが悪いと思われるパパ活女子の特徴だといえるでしょう。
お金はきちんと両手で受け取り、パパに一言断ってから中に入っている金額を確認するようにしていくことをオススメします。

その2 待ち合わせ場所からお店に向かう時に…

待ち合わせ場所からお店に向かうという場合、P活だとタクシーまたは徒歩でお店に向かう事になるでしょう。
この際横断歩道でボタンを連打する、信号を無視して横断歩道を渡るなどせっかちな様子を見せると育ちが悪いと思われてしまう可能性が上がります。
また、タクシーや公共交通機関の中で貧乏ゆすりをしていたり、乱暴にカバンやお財布を動かしているとパパから『育ちが悪いな…』と誤解されるケースがかなり多いです。
お店に向かう時はせっかちな動作に注意を払い、細かい動作を何度も繰り返すような事をしないようにしておきましょう。

その3 店員さんを呼ぶ時に…

お店に着いたら店員さんを呼んで食事や飲み物の注文をする事になりますが、この時店員さんには敬語を使い、横柄な態度を絶対に取らないよう細心の注意を払いましょう。
これはどちらかというと男性を見る時に言われがちなものですが、太パパになれるパパは女性の育ちや本性をこういったところから推察している事が多いです。
店員さんがミスをしたり、モタモタしている時ほどパパはパパ活女子を見ています。

その4 食事が運ばれて来たら?

食事が運ばれてきていざ食事!となった時は、必ず「いただきます」と言ってから食器を手に取るようにしていきましょう。
父親世代のパパは特に『普通以上の家庭で育った女性はキチンと「いただきます」「ごちそうさまでした」が言えるはず』というイメージが強いので、それに沿わない行動をしてしまうと育ちが悪い女性だというレッテルを貼られてしまう可能性が高いです。
ちょっとした事ですが、これをするだけで太パパの獲得率が段違いとなりますからやって損はないでしょう。

その5 パパとのお話中に…

パパと話をしている時、最も気にしなければならないのは
・男性言葉
・ギャル言葉
・ネットスラング

の3つを使ってしまわない事です。
あそこの○○マジクソで~…といった言葉遣いや○○じゃね?といった言葉、ウケる・ウザい・キモいというワードが入った言葉、エモいなどネット上で使われる言葉を使うとパパの理想とする“育ちが良さそうな普通の女性像”から遠ざかり、結果パパから育ちが悪いと判断されてしまいます。
また、育ちの良い女性=大声で話さないというイメージもあるのでよほど騒がしい所で話す時を除いて大きな方を出し過ぎない方が良いでしょう。
パパの思う普通の女性像から遠ざかれば遠ざかるほど育ちの悪い女性認定されてしまうので口癖としてその手の言葉を普段使っているパパ活女子は言葉遣いには細心の注意を払って下さい。

まとめ

育ちが悪く見える行動は無意識に出てしまいやすく、気を抜いた所でうっかりやってしがちな大きなミスとなっています。
パパとP活をする時はこういった行動をしてしまわないよう気を配り、パパに不快感を与えないパパ活女子を目指しましょう♪