4月になると大学生になり、新生活と合わせてP活をしてみようというパパ活女子大生がそれなりに多くなってきます。
女子大生はパパ受けが良い反面ライバル女性も非常に多く、常に比較される存在です。
そこで、大学に入ってP活を始めるP活1年生のパパ活女子にオススメしたいP活プロフィールの書き方を4つ紹介していきます。

【新大学生パパ活女子向け】P活プロフィールの書き方

その1 大学で何を学んでいるかを書く

まず、“女子大生”というステータスはP活においてかなり有利なものとなっています。
その中でも就活や論文などで時間が取られることが無く、忙しい男性とも比較的予定を合わせやすい新大学生はよりパパから求められやすい存在です。
新大学生がP活プロフィールを書く時はこういった強みを存分に生かし、『4月で大学生になった…』と言う風に新大学生である事をアピールしていくようにしていきましょう。
この際、『大学では○○ということを学んでいて…』という風に大学で何を学んでいるかを書いておくとパパが学生として頑張っているパパ活女子の姿をイメージしやすく、沢山の女子大生パパ活女子の中からより支援したい存在しとして印象に残ることが可能となります。

その2 将来の夢を書く

新大学生がP活プロフィールを書く場合、なぜP活を始めたのかという理由に繋がる将来の夢を書いておくと世話好きなパパから連絡をもらいやすくなってきます。
これはP活パパが『自分は○○ちゃんがこういう理由を持っているからこんなに支援してあげられるんだ』という理由を欲しがっているからで、これがあると相場以上の金銭的支援をもらえる確率が一気に上がってくるでしょう。
P活において、『お金だけじゃない』という雰囲気は非常に大事になってきます。
・将来○○(大学で学んでいる事)を生かして起業したいと思っているので経営者の方などノウハウを知る男性からアドバイスや応援をもらえたらと…
・大学で○○を学んで留学(海外渡航でもOK)するのが夢なので、その夢を支援してくれる方と…

など、その1で紹介した“大学で何を学んでいるか”と絡めたものが一番自然でオススメですよ♡

その3 やってみたい事を書く

女子大生はとにかくライバルが多いので、出来るだけターゲットと絞り、その層に向けたアピールをするとパパと出会いやすくなってきます。
ですから、自分がどんな人物であるか大まかにでもアピールし、P活でどんな事をしてみたいのかなどを書いておくとそういった層から連絡をもらいやすくなるでしょう。
例えば明るい時間帯にお酒なしのP活をしてくれるパパが欲しい場合は『仲良くなった方と一緒にゴルフやハイキング、トレーニングなどを楽しめたら嬉しいです!』という文章を、高収入な食事パパが欲しい場合は『食いしん坊なので一緒に美味しい物を楽しめたらと考えています』という文章を書いていくのがオススメですよ♪
自分の都合に合わせて上手に言い換えを駆使し、お互いに都合の良いP活が出来るようにしていきましょう!

その4 個人の特定につながる情報には要注意

その1とその2で女子大生というステータスは明かした方が良い・どういった事を学んでいるかは書いた方が良いと紹介していきましたが、プロフィールで明かしていいのはあくまでもそこまでである事に注意をしておいて下さい。
大学名や学科の名前が分かるほど詳しく書きすぎてしまうと「大学にバラされたくなかったらタダでエッチを…」というような悪質な地雷パパを呼び寄せてしまう事になりますし、いざという時大学にまで来られて警察沙汰を起こされるかもしれません。
大学の情報は“雰囲気”を伝えるために使うにとどめ、具体的な名前は出さないようにしていきましょう!

まとめ

女子大生には無限の可能性が存在し、自分次第でこの子の将来を決められるかもしれないという期待もあることからパパから非常に求められやすくなっています。
せっかくのステータスを生かすためにもしっかりとプロフィールは考えておき、パパ受けの良いものを書いて太パパや良パパとたくさん出会える環境を整えておきましょう♡