パパ活女子にとって素敵なプレゼントとお小遣いが同時にもらえるお買い物デートはとても嬉しいものですが、そうするにはいくらかの駆け引きが必要となってくるためP活初心者だとどうすればいいのか分からないという場合もあると思います。
P活でお買い物デートをする時に備え、パパから『またお買い物デートに連れて行ってあげたい!』と思われるお買い物デートのやり方を知っていきましょう♪

お買い物デートでP活パパの好感度をアップさせる方法4つ

その1 お買い物の後に○○、というプランを立てる

女性と違って男性は “お買い物をする”という行為自体に楽しさを感じる事はありません。
ですから、P活でお買い物デートをする時はデート前半はお買い物、デート後半は食事または映画といった風に男性も楽しみに出来る要素を入れるとパパの好感度が非常にアップしやすくなります。
お買い物デートを提案する時には『○○でお買い物をして、その後○○に行ってみたいです』という風に2本立てのデートを望んでおくと次の楽しみのためにパパが気前よく良い物をプレゼントしてくれやすくなりますよ♡

その2 何を買いたいのか、という目的を教えてあげる

男性が女性の買い物に付き合いたくない主な理由はダラダラとあちこち連れ回されるのが面倒だと感じるからです。
女性からすれば目的無く色々な物を見るウィンドウショッピングはとても楽しい物なのですが、P活パパ世代の男性だと特に何を買うかも分からないままあちこち連れ回されるのを苦痛に感じてしまいます。
ですから、P活でお買い物デートをする時には“何を買いたいのか”という目的をパパにキチンと教え、“ダラダラ感”のないお買い物デートをさせてあげるようにしていきましょう。
例えばデートの前に『バッグが買いたいので…』など何が欲しいのかを言っておけばバッグの置いてあるお店を何軒か回っても男性目線では『比較のために見て回っている』という事になりますから何も教えずに連れ回すよりも確実に面倒さを感じません。

その3 買い物時間は1時間まで!

P活世代の男性は基本的に目的の物を決めてそれだけを買いに店に行くことがほとんどなので、お買い物の時間は30分もかからない事が多いです。
さらに、お買い物に関するエネルギーは女性の方が段違いに高いので、自分のペースでお買い物をしようとすると男性は精神的にも肉体的にもかなり疲れてしまいます。
お買い物デートをする時はお買い物体力のないパパに合わせ、ショッピング時間は長くても1時間までに抑えておくようにしていきましょう。
パパが40代以上とかなり年上の場合、30分ごとに少し休憩を入れてコーヒーやお茶などを買って来てあげるとものすごく喜んでくれますよ♪
休憩時間は500円前後の投資でより良いプレゼントをしてもらえるチャンスでもありますから積極的に利用していくようにしていきましょう!

その4 お買い物袋はまず自分で持ってから

P活でお買い物デートをしてくれるパパは基本的に“女性に何かをしてあげたい”欲求が強い男性である事がほとんどですが、だからといってそれを当然のようにされてしまうと面白くないと感じてしまう事が多いです。
ですから、パパ活女子はこの心理を上手にくすぐるためまずお買い物袋は自分で持つようにしていく事をオススメします。
あえて最初は自分で持ち、その後少し歩くスピードを落としたり歩きにくそうにして見せることで「それ持ってあげようか?」という言葉を引き出すのです。
こうするとパパはプレゼントをする以外でも何かしてあげられた、という満足感を持ち、自分からより紳士的で良い男になろうと気前よく他のものも買ってあげたくなってきます。
もちろんそういった事をしてくれた後は満面の笑みでお礼を言い、デート後も自分を気遣ってこうしてくれたことが嬉しかったと告げるようにしていきましょう。

まとめ

P活でお買い物デートをする時にはいつも以上にパパが楽しい気分になれることが重要で、そのためにはいくつかのポイントを押さえなければなりません。
今回の記事も参考にお買い物デートでパパの好感度を上げられる方法を知り、高級品をプレゼントしてもらえるパパ活女子を目指しましょう♪