最近、P活と同じように男性と身体の関係を持たない大人女子の活動として“ギャラ飲み”というものが注目されつつあるようです。
そこで、これからギャラ飲みを始めたいと考えている大人女子に知ってほしいギャラ飲み知識をいくつか紹介していきます。

ギャラ飲みとは?

ギャラ飲みとは、飲み会を盛り上げて欲しい男性グループが女性を複数人呼んでその場を華やかに楽しくしてもらう代わりにギャラ(お金)をもらうという活動のことを指しています。
この時のお金をタクシー代と呼ぶこともあるため、タク代飲みと言われることもあるようです。
主な利用者は20代~40代の男性で、ギャラ飲みアプリでの募集が一般的なようでした。
ちなみに、相場はギャラ飲み初心者だと1時間辺り4000円ほどになるようです。

ギャラ飲みで稼げる女性の特徴

ギャラ飲みで稼げる女性は基本的にノリが良く、その場をワッと盛り上げるのが20代女性となっています。
ギャラ飲みはほとんどの場所でお酒が出されますし、参加資格として20~29歳など20代女性に的が絞られる事が多いので18歳~19歳、30代以上の女性はギャラ飲みで稼ぐのはかなり厳しくなるようです。
ルックスは良いに越したことはありませんが、全体的に華やかで明るい雰囲気のあるメイクやファッションが出来れば静かなモデル級の美女よりもよほど稼ぐことが出来てしまいます。
また、ギャラ飲みが行われるピーク日時と時間帯は金曜と土曜の20時~翌朝5時となっていますので、この時間帯に飲み会をハシゴできる都合と体力を持つ女性ほど稼ぎやすいようでした。

ギャラ飲みのリスクや危険性について

ギャラ飲みの中には
・飲み会中に女性を裸にさせるなど性的な事をしようとする
・お持ち帰り前提
・ギャラ飲み中に胸や下半身をベタベタと触ってくる
・ギャラをもらえない(値切ってくる)
といった危険なギャラ飲み案件も多数存在しています。
行ってみたら会場がホテルの部屋またはマンションの個室などで男性達から酷いことをさせられそうになったという報告も多数見かけますので、危険なギャラ飲みもあるということを知っておき、リスクの高いギャラ飲み案件は避けられるようにしておきましょう。

危険な飲み会を見分ける方法

危険なギャラ飲み案件を見分けるには、まずギャラ飲みの額が相場通りかを確かめるのが簡単です。
最初に説明した通り初心者ギャラ飲み女子の相場は1時間4000円ほどになっていますので、例えば19時開始22時解散の飲み会の場合お礼の相場は1万2000円となってきます。
にもかかわらず同じ時間でお礼が10万円など相場に比べて明らかに高すぎるという場合、そのギャラ飲みはお持ち帰り前提など危険なものである可能性が高いです。
また、Twitterを通しての募集など幹事や運営側の顔が見えない状態での案件の場合、ギャラ飲み後にお金が支払われない可能性が非常に高くなっています。

ギャラ飲みで効率よく稼ぐ方法

ギャラ飲みで効率よく稼ぎたいという場合、基本的にはギャラ飲みアプリを使っていくのがオススメです。
この際、複数のギャラ飲みアプリを同時に使うと予定を埋めやすくなりますし、行けるギャラ飲みの母数も増えますから稼ぎやすくなるでしょう。
また、ギャラ飲みの世界は20代後半になるとこれまで作った人脈を生かしてギャラ飲み女子を派遣する側に回る女性も多くいます。
紹介でやって来るギャラ飲み案件では思わぬ有名人や著名人と出会えることもありますので、長く安定した稼ぎが欲しい場合同じ飲み会に参加したギャラ飲み女子仲間の女性とも仲良くし、連絡先などを交換しておくのも重要となってくるようです。

まとめ

ギャラ飲みは基本的に男性との関係はその場限りとなっていますので、成功するにはそこで出会った男性だけでなく同じギャラ飲み女子仲間とも仲良くなる必要性が出てきます。
誰とでもチームワークを発揮することが出来、女性含めた複数人で盛り上がる事が出来る大人女子はギャラ飲みで月何十万円も稼ぐことが出来てしまうかもしれませんね♡