P活パパと一緒にどこかへ行く場合、レストランなどで食事を楽しむお食事デートの次に多いのがお酒を飲みながら会話を楽しむバーデートとなっています。

バーやパブなどお酒がメインの場所はレストランとはまた違った雰囲気があり、TPOも異なるため『可愛い』と思われるにはお食事デートとは違ったコツが必要です。

バーデートで映える服装を知り、よりP活パパに好かれるパパ活女子を目指しましょう♪

バーデートで『可愛い』と思われる服装5つ

その1 暖色系の色のワンピース

バーやパブなどお酒がメインのP活デートをする場合は赤・ボルドー・サーモンピンク・コーラルピンク・オレンジなどの暖色系の色がメインのワンピースを着て行くのがオススメです。

もちろん白やネイビーなど王道の色を使ったファッションでもパパ受けはいいのですが、バーやパブなど照明がやや暗い所だと暖色系の服装の方がパパの目を良く惹きつけます。

また、これらの色はワインやカクテル、ビールなどのシミが目立ちにくい色なのでパパやパパ活女子がうっかりお酒をこぼしてしまってもそれほど気にしなくていいというメリットがあるファッションなのです。

その2 黒×赤のコントラストコーデ

20代後半~30代以上のパパ活女子など大人っぽく上品な雰囲気でバーデートをしたいという場合、上半身は黒・下半身のスカートは赤(逆でもOK)といったコントラストの強いファッションでP活パパに会いに行くのをオススメします。

コントラストのあるファッションは大人っぽく、露出が少なくても“良い女”の雰囲気が出しやすい便利なお手軽コーデです。

また、黒と赤は日本人の肌をより綺麗に見せる色と言われていますのでナチュラル風メイクをしているパパ活女子にもピッタリな服装といえるでしょう。

その3 ノースリーブ+カーディガン

これは特に春夏の時期にオススメしたい服装ですが、ノースリーブの服にカーディガンを合わせたファッションでバーデートに行くとパパ受けが良く楽しい時間を満喫しやすくなってきます。

上品なのに女性らしい露出が出来るノースリーブはパパ活をしている男性に最も受けやすく、バーデートだけでなく他のデートでも広く使えるファッションです。

これにプラスしてカーディガンを着ておくと空調の強いバーでも安心ですし、飲んでいる途中で脱ぐことでギャップも演出できますので積極的に着て行く事をオススメします。

その4 肩~腕がレース素材の透け袖

二の腕の太さが気になるまたは二の腕にブツブツがあるといった理由で腕や肩を出すのに抵抗があるという場合、肩から腕にかけての部分が透ける素材になっている服装を選んでおくといいでしょう。

レース素材の透け袖は二の腕のコンプレックスをカバーしながら女性らしい雰囲気を出してくれますから、二の腕に自信のないパパ活女子でも大人っぽく上品に振る舞うことが出来るでしょう。

ただし、肩部分がレースになって透けるようになっている服を着る時はヌーブラにするなどして服から下着が見え無いよう細心の注意を払いましょう。

服から下着が見えてしまうと一気にだらしなく、下品な雰囲気になってしまいます。

その5 ヒール高めのパンプス

バーデートでは座っている時の足をより長く綺麗に見せることが大事ですから、8~10cmの高さでヒールが細いパンプスを履いて行くのをオススメします。

座っている時はパパより身長が高くなってもそれほど問題ありません。
同じヒールのある履物としてサンダルやミュールがありますが、その2つはややカジュアルな雰囲気になりますのでバーの雰囲気に合わせて選ぶと良いですよ♪

まとめ

バーデートでオススメしたいファッションはP活パパが連れ歩いている事を自慢でき、マスターやママに紹介したくなるような“良い女風”の服装です。

2軒目にバーなどお酒が入るP活デートがメインではない場合はお食事デートの時の服装をしてくる方が良いですが、1軒目からバーやパブなどでデートをする時は今回の記事を参考にしていく事をオススメします。