P活パパのほとんどから求められ、人気が出るパパ活女子の条件として
・素人女性
・慣れていなさそう
・初々しい、ウブな子

というものがあります。

しかし、この“慣れていない感じ”を出すのはとても難しく、P活初心者であればあるほどパパから“事務的”や“作業っぽい”といったマイナスな評価を下されがちだと言えるでしょう。

そこで、P活でパパからすれていない女性だと思われ、初々しい素人女性として大事にされる方法を3つ紹介していきます。

女性の思う“初々しい”“素人っぽい”は地雷扱い!

まず、パパ活女子側が考える“P活に慣れていないパパ活女子”といえば
・緊張してパパとスラスラ話せない
・テクニックやマナーを知らずちょっとした失敗をしてしまう
・P活パパが喜ぶことを言うのが苦手

といった条件を満たすパパ活女子の事だと思います。

実際のところ本物のP活慣れしていないパパ活女子はこういった特徴を持っている事がほとんどですし、慣れていくにつれこういった所は消えていくのが普通ですが…残念ながら、パパ目線だとこういった特徴を持つ本物の初心者パパ活女子は
・無言で冷たい
・物知らずの上にマナーも無い
・嫌々P活をしている感じ

と判断されて“地雷パパ活女子”扱いされてしまう事がほとんどです。

P活パパに好まれる“慣れていない清純系のパパ活女子”と思われたい場合、まずはこの認識の違いをしっかりと覚えておきましょう。

P活パパが求める“慣れていない素人女性”になる方法3つ

その1  P活パパの思う“初々しいパパ活女子”になるには?

パパ活女子が思う“初々しい”とは男性との接触や会話に慣れておらず、ついつい下を向いてしまったり必要以上に距離を取って恥ずかしそうにしている態度の事を指していると思っている事が多いです。

しかし、P活パパはパパ活女子が恥ずかしがってするそういった行動を“嫌がっている”と見てしまうため、パパに初々しいと思われたい場合はリアクションを大きくしてアイドルのような言動をしていきましょう。

P活をする男性が思う“初々しい女性”とは、自分が与えたものに対して大きくプラスの感情を示し、驚いて素直に喜ぶ事がほとんどの女性の事を指しています。

その2 「恥ずかしいです…」「怖いです」を覚える!

P活に慣れていないうちはパパの行動に素直に反応してしまい、「それはちょっと…」や「ダメです(嫌です)」といった言葉をストレートに使ってしまいがちとなっています。

これは男性に慣れていないパパ活女子ならごく当たり前の言葉となっているのですが、パパから見ると“慣れていない”ではなく“冷たい”“事務的”と判断されてしまいます。

ですから、もしもパパがデート中にボディタッチをしてきたり、下ネタやセクハラっぽい会話を振ってくるなどして『それはちょっと…』と言いたくなったら代わりに「恥ずかしいです」と言い換えるようにしていきましょう。

同じように、『嫌です』と言いそうになった場合はその代わりに「怖いです」と言っておくとP活パパから慣れていない女性だと思われつつNG行為を止めることが出来ますよ!

その3 本物の家族っぽさを意識する!

P活パパが思う“素人っぽい”は“本物の家族(恋人)っぽい”とイコールであり、パパが思う理想の娘や彼女が取るであろう距離感の近い行動をすればするほど“慣れていない女性”だとして可愛がられやすくなってきます。

プロまたは慣れている女性が使うイメージのあるP活テクニックは積極的に活用し、本物の初心者パパ活女子に下されがちな
・事務的にP活をしている女性
・嫌々P活をしているパパ活女子

といったレッテルを貼られないよう知識を蓄えていきましょう!

まとめ

女性の思う“慣れていない”と男性の思う“慣れていない”は大きく違い、P活に慣れている上級生パパ活女子や元キャバ嬢や風俗嬢といったプロ経験のある女性ほど初々しい女の子として太パパから可愛がられている事が多いです。

ウブなパパ活女子になるには知識と心構えが必要不可欠と言えるので、初心者パパ活女子ほど今回の記事も参考にテクニックをしっかりと身につけておきましょう!