前編に引き続き、P活パパがパパ活女子に褒め言葉をかけてくれた時に使える上手な反応の返し方を〇つ紹介していきます。

パパの好感度を一気に上げる褒め言葉の返し方7つ

その4 他の要因のおかげだと言う

P活パパから食事のマナーや言葉遣い、知識量の多さや趣味の多さなど能力や内面に関する褒め言葉をかけてもらった場合、「ありがとうございます。実は○○をやっていて…」や「母親に○○と言われていて…」という風に家族や習い事など他の要因のおかげだと返していくのもオススメです。

この返し方は謙虚かつ上品さのある返し方になりますので、育ちの良い雰囲気を出したいパパ活女子には特にオススメだといえるでしょう。

また、こういった返し方をするとP活パパはパパ活女子の裏側を1つ知ることが出来ますので、他のパパ活女子よりも1つ進んだ関係が築けている女性として印象に残りやすくなってきます。

また、自分のことを話す事でパパの事も聞きやすくなってきますので、パパの懐に入り込みたいタイプのパパ活女子にもオススメの返し方だと言えますね♪

その5 「私も実はそう思っていました(笑)」

ベンチャー企業の経営者やメディア関係の人間など、どちらかというと礼儀よりコミュニケーション能力を重視してパパ活女子を選んでいるタイプのパパに褒められたという場合、「ありがとうございます!実は私もそう思っていました(笑)」というようにツッコミや笑いを誘う反応を返していくことをオススメします。

この方法は真面目タイプのパパだとあまり効果はありませんが、『女性と楽しく話したい!』というタイプのパパには効果てきめんな褒め言葉の返し方だと言えるでしょう。

一度ノリツッコミが成立するとその場の雰囲気は一気に和みますので、なかなか会話が盛り上がらない時にもオススメの反応の返し方とも言えますね。

このタイプの返し方をするパパ活女子は少ないので、明るいタイプのパパはこの返しをしたパパ活女子を『話していて楽しかった女性』カテゴリに入れてくれる事が多いです。

そうなれば後はよほどの下手を打たない限り2度目のデートもありますので、真面目すぎないパパがタイプのパパ活女子はこのフレーズを覚えて損はありません。

その6 「そんなに褒めても何も出ませんよー?」

何度も繰り返し褒めてくれるほめ殺しタイプのP活パパと出会った場合、ありがとうございますと笑顔でお礼を言いつつ「そんなに褒めても何も出ませんよー?」という風に返して場を和ませるのもオススメです。

この反応の返し方は嫌味なくどんなタイプのパパにも広く使えるものですので、その5の返し方を使えない真面目タイプのパパだけでなく、まだどんな人か良く分かっていない初対面のパパにも使っていけるのが大きな利点だといえるでしょう。

20代前半の若いパパ女子だけでなく、30代以降のパパ活主婦や社会人パパ活女子でも可愛らしい女性らしさを感じさせる事の出来る反応の仕方なのでとりあえず何回も褒められたらこう返す、という程度の認識でいられるのも嬉しいですね♪

その7 「○○さんって○○そうなので褒められると嬉しいです」と笑顔でお礼

合コンなどだと鉄板の「○○君に褒められると嬉しい!」という言葉ですが、P活パパにこの返し方を使いたい時は『○○そうなので』という具体性を足して笑顔でお礼を言っていくのをオススメします。

P活パパは社会的地位が高く部下や接待先の人間から「光栄です!」と言われ慣れていますので、この言い方で特別感を演出するにはプラスの一言を足して“テキトーに言っているわけではない”ということを証明する必要があるのです。

服やメイクを褒められたら「○○さんって見た目に気を遣っている感じなので…」、可愛いと褒められたら「○○さんって優しいしモテそうなので…」という風に根拠を1つ足して褒められた喜びを表現していくとパパの好感度をグッと上げることが出来ますよ♪

まとめ

パパ活女子はパパがどんな褒め方をしてくるかによってそのパパの良パパ度を測る事が出来ますが、P活パパの方も自分の褒め言葉にどんな反応を返してくるかによってパパ活女子の良し悪しを測っている事が多いです。

せっかくのチャンスを逃さないためにも褒め言葉の上手な返し方を知っておき、P活パパをいい意味で驚かせることの出来るパパ活女子を目指しましょう♡