太いパパをゲットするには、自分を価値あるものに魅せる必要があります。
お金に余裕がある人は、「商品が上質か否か?」ということにもこだわりますが、しかし一方で中身は他の商品と同じだったとしても、より高価なものを選ぶことがあります。
それは、「良いものは高い」と経験的に知っているから、自然と高価なものを選ぶのです。

自分自身を価値あるものに見せるには、自信を持つなどの内面の要素も重要ですが、しかし見た目も大事です。
今回は、自分をより「高いけど良いお品ですよ♪」とパパにアピールすることができる方法についてお話ししたいと思います!

肌ケアに全力を注ぐ

自分を高見えを狙うなら、まずは肌から押さえておきましょう。

お金を持っている男性ほど、元々持っているスペックの高さに惹かれます。もちろん顔の作りも見ていますが、顔は好みが分かれます。
しかし肌は別です。
なめからで美しい肌は、好き嫌いが分かれることなくどんな男性でも好みます。

男性は肌をキレイに保つことに対して軽く考えており、「どうして手入れをちゃんとしないの?」とか、「野菜食べて睡眠取ってる?」と言ってきます。
要は、肌が汚いと女性自身の生活が乱れているのではないか?と考えるのです。

肌をキレイにすること程、お金がかかって大変なことはないのですが、男性目線ではそうなってしまいます。少々腹立たしくもありますが、しかし自分がパパにとって「良い商品」になるには、努力するしかないでしょう。

顔だけではなく肩やデコルテ・腕などの肌の印象も見ています。
こまめにセルフケアしたり、時にエステは美容皮膚科を利用して美しい肌を作る努力をしていきましょう。

髪をダークトーン+ツヤありに

髪は顔の額縁のような存在であり、キレイに整えるとそれだけで美人度が急上昇します。
女性からすると色々な髪型をして変化を付けたいところですが、明るいカラーや個性的なスタイルは高見えからは遠ざかってしまうこともあります。

無難に上質感を出すのであれば、カラーはダークトーンに抑え、ツヤが出るようにお手入れとスタイリングをすることです。
美容院でのケアの頻度を上げるのも良いですし、今は自宅ケア用品も優れたものがありますので、チェックしてみてください!

メイクは自然に美女になれるよう盛る

今のメイクの流行は「ナチュラル」です。そんな中敢えて「盛る」という言葉を使いました。

ナチュラルメイクというものは、工程が少ないメイク方法のことではなく、なるべく他人にメイクしていないような印象を与えるメイクのことです。
つまり、どんなに細かく作り込んだとしても、「化粧っ気が少ない」状態に持っていくということです。

しかしそれは、パパ活女子においては必ずしも合っていることではありません。
元々顔立ちが派手な女性はそれでもOKかもしれませんが、そうではない方はナチュラルに仕上げるだけではパパの心を射止めることはできません。
要するにパパは、お昼にオフィスで合う女性とは少しだけ違う華やかな女性を求めていることも多いです。通常の「男受けメイク」ではちょっと物足りません。
アイラインをしっかり引いて目の印象を強めたり、赤リップで色気をアップしたり、暖色系のシャドウとチークで血色を良くしたり…など、適度な「お化粧感」も必要です。

少しオシャレなレストランで、パパとディナーを共にすることもあるでしょう。
オレンジ系の照明のレストランにナチュラルメイクで登場すると、顔がぼやけます。
パパからすると「なんか地味な子が来た…」となるかもしれません。

自分が商品であるとすれば、メイクはラッピングです。素敵なラッピングであれば、中身も一層引き立ちます。流行りに左右されない、あなたの顔を引き立てる美人メイクを心がけてください。

露出を少なくラインを見せる

高見えする洋服やコーデは人それぞれ色々あると思いますが、パパ活で必要なのはやはり「上質な色気」です。

上質な色気を放出するには、1つのポイントを押さえるだけです。
それが、「露出を少なくするけど、体のラインは強調する」ということです。
例えば、サルエルパンツではなくスキニー(しかもスリットや一部レース加工になったりオンナっぽさ演出の小技が効いていると尚ヨシ)にする、Tシャツ素材のカットソーを選ぶなら、体に沿ってふわっと感も出るニット素材を選ぶ…などです。

洋服を選ぶ際には、「女らしいラインが出ているかどうか?」を基準にしてみてください。

まとめ

「上質な自分」を見た目から作ることで、内面もそれに追いつこうとしてきます。
一種の暗示のようですが、これが結構効果的で、リッチなパパを目の前にしても臆することがなくなります。
パパ活がうまく行くように見た目を改善し、自分自身の内面もコントロールできるようトライしてみてくださいね!