パパ活女子が返しに困りがちな話題のうち、【下ネタ・エロ系質問】に分類される話題の上手な返し方を前編に続いて紹介しています。

P活パパからの下ネタ話題&エロ系質問の上手なかわし方6つ

その4 「○○さんは…」でオウム返し

例えば「最後にしたのはいつ?」という質問をされたら「えー?○○さんはいつなんですか?」・「下着の色は?」という質問をされたら「何色だったら嬉しいですか?」というように、オウム返しをして話題の主題を自分からパパの方へ移してしまうという方法もオススメです。

これは聞きたくない下ネタ系の話題をされてしまった時も有効で、自分を対象にした性的な話題を相手主題の恋バナに戻したり、話をそらしてこの話題から逃げたいという時にも使えます。

相手がオウム返しの質問に答えてきたら「そういうのが好きなんですねー、でももっとあるんじゃないですか?(笑)」というように笑顔で掘り下げ、「じゃあ○○は?」というように少しずつ話題を変えていくとパパの方も話をそらされたと感じにくく上手に性的な話を交わしていく事が出来るでしょう。

その5 明らかに嘘の答えでボケる

どちらかというと明るいタイプのP活パパが相手の場合、明らかに嘘の答えでボケてそれを貫いてしまうのも1つの手です。

例えば「今日どんな下着着てきたの?」なら「え?下着って何ですか?」と笑ったり、真顔で言ってしまうと相手を笑わせながら『その質問に答える気はありません』という意思をアピールすることが出来てしまいます。

この時のポイントは微妙にありえそうなものではなく、明らかに嘘だと分かる答えを言う事でしょう。

相手に「何だそれ(笑)」と笑ってもらえたら作戦は成功で、あとは「ホントですよー?」とそのボケを貫けばそれ以上の追及を避けることが出来るでしょう。

これは『ちょうどいいブスのいい女』でお馴染みの女芸人・山崎ケイさんも使う技で、彼女の場合「経験人数は何人?」に対して「6.5人です」という明らかにありえない嘘の答えを言いました。

この事により山崎ケイさんは経験人数の話を嫌味なく『0.5人って何!?』というツッコミに変えていますので、こういった返しをあらかじめ考えておくのはかなりオススメだといえるでしょう。

その6 「どういう意味ですかー?(笑)」と聞き返す

「この後ホテルに…」など明らかに身体目的のお誘いがまじりそうな下ネタやエッチな話題されてしまったという場合、「どういう意味ですかー?」と笑顔で聞き返して“流れ”を止めてしまうのがオススメです。

大抵のヤリモクパパはパパ活女子は身体の関係なしでP活をしたいと思っている事自体は知っていますので、よほど質の悪いP活パパでもない限り「ちょっと落ち着ける所に…」といった言い回しで女性と身体の関係を結びに行こうとしてきます。

ですからあえてハッキリと要求を述べさせる事で提案を断りつつ『“まだ”そんな関係じゃない』ということを匂わせ、スマートに次につなげてしまうのです。

まとめ

P活パパがパパ活女子に下ネタ話題やエッチな質問をする理由は

・相手の反応を見て楽しみたい
・下ネタを男同士で話すと盛り上がるので女性とも盛り上がれると思っている
・自分と立場や考え方が全く違う女性のサンプルとして純粋に興味がある
・ホテルや性的な行為に誘うためのとっかかりにしたい(ヤリモク)

といった理由であることが多いです。

パパ活女子に求められる反応は不快である事をあからさまに示すマイナスな反応ではありませんが、だからといってノリノリでこういった話に乗っかってしまうのも問題だと言えるでしょう。

ヤリモクパパがホテルに誘うキッカケにしようと下ネタやエッチな話題を出しているという場合、そういった事に積極的な態度を見せてしまうと『喜んでいる』または『パパ活女子の方もムラムラしてきている』と勘違いされてしまいますので危険です。

また、軽い気持ちで下ネタやエッチな話題を出しているP活パパもパパ活女子に男性並のノリの良さは求めていない事がほとんどなので、あまりに乗りすぎてしまうと下品さを感じて少し引かれてしまう事も多いでしょう。

P活パパから性的な話題を振られた時は今回の記事も参考に適度な返し方が出来るよう心の準備をしておくのがオススメですよ♪