P活をしている女子の中で、”パパがストーカー化した”という話は案外良く聞く話です。今回はどうしたらストーカーになりやすいパパを避けられるかについて、そして、もしもパパがストーカーになってしまった場合は、どう対応したら良いのかについてご説明していきます。

P活でストーカーになりやすいパパの特徴

パパがストーカーになってしまうと、P活どころか日常生活にも支障をきたす可能性が十分に考えられます。そのため、パパ選びはとっても重要です。ストーカーになりやすいパパの特徴を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

女性経験が少ない男性

女性経験がほとんどない男性は、ストーカーになりやすいと言われています。女性経験が少ない男性は、女性に高い理想を持っているためパパにはあまり向いていません。そして、その高すぎる理想がゆえに、好みのP活女子には執着してしまうというパパも多いようです。

女性経験だけでストーカーになりやすいと決めつけてしまうのは少し気が早いですが、その他のストーカーになりやすいパパの要素を持っている男性の場合は、関係を避けたほうが良さそうです。

高価なプレゼントやお手当を渡してくる

P活をしていると、パパからP活女子にプレゼントをあげることはそこまでおかしくありません。しかし、あまりに高価過ぎるプレゼントや、関係がそこまで深くない状態で高いお手当を渡してくるパパには注意が必要です。こういった男性は、「高いプレゼントやお金で女性に振り向いてほしい」という気持ちが強く、関係を辞めようとすると「せっかくたくさんお金を使ってあげたのに!」とストーカーになってしまう人も多くいます。パパとの関係を築いている途中での高価なプレゼントやお手当は、すぐにお返しのプレゼントを送ったり、場合によって断ったりするなどして、パパに気持ちを深入りさせないようにする注意が必要です。

連絡の返信を催促してくる

LINEやメールは、ストーカーになりやすいパパかどうかを見分けやすいです。ストーカーになりやすいパパは、連絡がマメで、時には連絡の催促もしてきてしまうような人。こういった男性は「飽きられたくない」「無視されたくない」といった感情が強く、関係を続けていく上でどんどんエスカレートしていってしまうと言われています。最初のデートから数回はパパからの連絡を様子見しておくことで、ストーカー化しやすい男性を避けやすいでしょう。

他のパパについて聞いてきたり、制限してくる

他のパパや彼氏について聞いてきたり、自分以外の男性との関係を制限しようとしてくるパパはガチ恋パパになってしまう危険性があるので要注意です。ガチ恋パパと関係を続けてしまったために、ストーカーになったパパの被害を受けるP活女子も多くいます。もしも他のパパや彼氏について聞かれた場合は、答えないようにしましょう。ひどくしつこいようだったら、そのパパとのお別れは考えたほうが良さそうです。どんなに高価なプレゼントや良いお手当を受け取っていても、ストーカー化したパパとP活をすると後々大変なことになってしまいます。

パパがストーカーになってしまう前に

パパがストーカーになってしまう前に注意しておきたいポイントは、
・職場、自宅については教えない
・彼氏や他のパパの存在は言わない
・距離感を大切に。常に一歩引く
と言った点です。距離感を間違えてしまうと、勘違いしたパパがガチ恋に発展してしまうので常に緊張感を持って関係を続ける意識をしましょう。完全にP活と私生活を分けたい、そしてその余裕がある人は、P活用のスマホを持つこともオススメです。

パパがストーカーになってしまったら?対応方法

ここでは、パパがストーカーになってしまった場合の対応方法についてお話します。

P活を辞めることを相手にきちんと伝える

電話やメールでもいいので、相手にきちんと「もう貴方とはP活しません」と伝えることは大切です。関係をウヤムヤにして、相手のことを無視し続けていると相手も必死になって結果的にストーカー化してしまうケースが多くあります。逆上される可能性もあるため、危険だと感じる場合は直接会うことは極力控えることをオススメします。

相談できる相手を見つける

パパがストーカー化してしまった際に一人で悩んでしまうと、ストレスで精神的につらくなってしまいます。 SNSでP活仲間を見つけたり、P活をしていると親しい友人に打ち明けたりして、相談できる相手を作っておくことは非常に重要です。また、パパからのストーカー被害がひどい場合は、警察に相談することも念頭に入れておいたほうが良いでしょう。

防犯対策をしておく

万が一のことが起きてからでは遅いので、パパがストーカー化していなくても防犯対策はしておいたほうがいいと言えます。夜の遅い時間はなるべくタクシーで帰る、一人で夜道を歩かない、防犯ブザーを常に持ち歩いておくなど、自分のできる範囲で防犯対策をしておきましょう。

まとめ

大きな被害を避けるためにも、事前にパパがストーカーにならないよう対策することが大切です。もしもパパがストーカーになってしまった場合は、一人で悩まず誰かに相談して、すぐに対応しましょう。P活女子の方々全員の素敵なパパとの楽しいP活ライフをお祈りしています!